楽天モバイルでSIMカードとeSIMはどっちがいい?おすすめは?のサムネイル画像

楽天モバイルでSIMカードとeSIMはどっちがいい?おすすめは?

#楽天モバイル

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

楽天モバイルの長期利用ユーザーが解説!

楽天モバイルのSIMカードパッケージの画像
  • 私たちは楽天モバイル回線を継続的に利用し、他社SIM回線も複数契約した上で使い勝手を比較・テストしながらサイト運営に取り組んでいます。通信速度を計測できるサービスも開発しました。運営会社

楽天モバイルのeSIMとは?SIMとどっちがおすすめ?

楽天モバイルの「RAKUTEN最強プラン」はeSIMにも対応しており、eSIM対応スマートフォンであれば契約手続きから最短5分で利用開始できます

楽天モバイルとの契約を考えているものの、

  • そもそもeSIMって何?
  • メリットやデメリットを知りたい
  • SIMとeSIMのどっちがおすすめ?

といった疑問があり、楽天モバイルとの契約を思いとどまっている方もいるかと思います。

当記事では楽天モバイルを利用するならSIMとeSIMのどちらが良いのか、おすすめについて解説します。

eSIMとは

eSIMとはスマートフォンにあらかじめ内蔵されたSIMのことで、契約情報はオンラインを通じてSIMに書き込まれていきます。

契約から利用開始までオンラインで完結するため、SIMの郵送や抜き差しを手間に感じている人におすすめです。

実際に楽天モバイルでは、「AIかんたん本人確認」を利用すると申し込みから最短5分で通信できるようになります。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルのeSIMのメリット・デメリット

まずはeSIMを利用するメリットとデメリットについて解説します。

メリット

eSIMを利用するメリットは以下の3つが挙げられます。

  1. オンラインですぐに手続きが完了する
  2. SIMを差し替える手間がない
  3. 複数の回線を利用しやすい

上述したように、楽天モバイルでは「AIかんたん本人確認」を利用すると申し込みから最短5分で通信を利用できるため、すぐ通信回線を利用したい人におすすめです。

また、SIMをスマートフォンから取り出したり挿入したりする手間がないため、不意に紛失してしまったり水に濡れてSIMが故障してしまったりするリスクがありません。

設定画面から利用する回線を切り替えるだけで契約中の他回線を利用できるので、複数回線を場面に応じて使い分けやすいです。

デメリット

eSIMにはメリットだけでなく、下記のようなデメリットもあります。

  1. 対応しているスマホが限られる
  2. 機種変更に手間がかかる
  3. 対応しているキャリアやプランが限られる

eSIMに対応しているスマートフォンは多くはないため、現在利用中もしくは利用予定のスマートフォンでeSIMを利用できない可能性があります。

機種変更する場合はオンラインでeSIMの再発行手続きを行う必要があるため、物理的に入れ替えるだけで良かったSIMと比較して手間がかかります。

また、eSIMに対応していないキャリアやeSIM専用のプランを設定しているところもあり、選択肢があまり多くない点もデメリットです。ただし楽天モバイルの場合、SIM・eSIM双方で「楽天最強プラン」を契約できます。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルのSIMカードのメリット・デメリット

eSIMを契約すべきか判断するため、ここからはSIMカードを利用するメリットとデメリットについて見てみましょう。

メリット

物理的なSIMカードを利用するメリットとして、下記の3つがあります。

  1. 対応しているキャリアやプランが幅広い
  2. ほぼすべてのスマートフォンで利用できる
  3. 端末の乗り換えが簡単

eSIMのデメリットの裏返しになりますが、SIMカードは対応しているプランやスマートフォンが多いため、選択肢が豊富にある点が魅力的です。

機種変更する場合も、現在利用しているスマートフォンからSIMカードを抜いて新しいスマートフォンに挿入するだけなので、eSIMよりも手軽に乗り換えが完了します。

※キャリアによってはAPN設定が必要になる場合があります。また端末内のデータ移行は別途対応が必要です

デメリット

SIMには下記のようなデメリットもあります。

  1. 端末に合ったSIMカードのサイズを選ぶ必要がある
  2. SIMカードを出し入れする必要がある
  3. SIMカードの返却が必要になるキャリアがある

SIMには「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」の三種類があり、スマートフォンによって対応している種類が異なります。

対応していないSIMを契約するとスマートフォンに挿入できず通信ができないため、間違えないよう事前にSIMカードの種類を確認しましょう。

また、楽天モバイルなどキャリアによっては解約・MNP転出時にSIMの返却を求めてくるところがあります。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルはSIMとeSIMのどっちがおすすめ?

「楽天モバイルは物理的なSIMとeSIMのどっちがおすすめなのだろう」と悩んでいる方もいるでしょう。

結論、どちらがおすすめなのかは人によって異なります。

参考までに、どのような人がどちらのSIMにおすすめなのか、特徴を紹介します。

  • SIMがおすすめな人の特徴:機種変更を頻繁に行う人、複数端末で同じSIMを使い回して利用する人、eSIM非対応のスマートフォンを利用する人
  • eSIMがおすすめな人の特徴:すぐに通信回線を利用したい人、eSIM対応スマートフォンをお持ちの方、サブ回線として利用したい方

上記はあくまで一例です。メリット・デメリットを参考にしつつ、楽天モバイルでどちらのSIMを契約するか検討してみましょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

この記事の情報更新履歴:

2023年6月3日:楽天モバイルのプラン名を修正

本ページの情報は2023年6月10日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

楽天モバイルはiPhone 15の販売価格が4キャリアで最安!【PR】

  • 楽天モバイルの最強プランはギガ(データ容量)をどれだけ使っても最大3,278円(税込)。人口カバー率は99.9%!
  • 毎月のデータ利用量が1GBなら1,078円(税込)でさらに安くなる
  • Rakuten Linkからの電話発信なら何度&何分間長電話しても通話料が無料!

楽天モバイル公式サイトを見る

楽天モバイルの平均データ:220件の投稿データを見る
【Download速度】64Mbps
【Upload速度】40Mbps
【Ping】44ms
【Jitter】25ms

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

iPhoneが4キャリア最安。1円スマホも多数!
楽天モバイル公式サイトを見る