povo 2.0は通話のみでも運用できる?0円で利用できる?のサムネイル画像

povo 2.0は通話のみでも運用できる?0円で利用できる?

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0の長期利用ユーザーが解説!

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像

auの新プラン「povo2.0」はベースプラン0円

2021年3月から、大手携帯電話会社からオンライン専用の格安料金プランが提供されています。

auからも、格安料金プランpovoの提供が開始しています。

povo2.0とは、0円のベースプランにデータ・通話・コンテンツをトッピングして利用するプランで、2021年9月下旬から受付・提供開始されています。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • 180日間以上トッピングを購入しないと解約になる恐れがある
  • プラン容量を超過するとpovo1.0では1Mbps、povo2.0では128kbpsに速度制限される
  • 通話トッピングは550円(税込)で5分以内かけ放題と1,650円(税込)/月で24時間かけ放題の2種類が提供されている

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

povo2.0は0円で使い続けることはできない

結論ですが、povo2.0は0円のまま使い続けることはできません。

180日間、有料トッピングの購入がない場合、利用停止や契約解除となる可能性があります。

つまり、契約から180日以内またはトッピングの有効期限が切れた日から180日以内には課金が必要ということです。

以下の記事によると、

  • 最後に購入した有料トッピングの有効期限の翌日から180日間以上、有料トッピングの購入が無い
  • 上に当てはまる場合で、従量課金の通話料・SMS送信料の合計額が660円以下の場合

に、契約が自動で利用停止や解除になる可能性があります。

<ITMedia>povo2.0、月額0円の条件は180日以内に「トッピングの購入」か「660円を超える課金」

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

660円を超える課金は通話料金としては約15分以上に相当します。

通常の携帯電話の使い方であれば半年間で累計15分以上通話することの方が多いため、多くの方は利用停止や契約解除の対象に当てはまらない可能性が高いです。

ですが、ほぼWi-Fiにしか接続せず、サブ端末のため電話もしないでSIMカードを維持するといった使い方の場合は注意が必要そうです。

660円を超える課金以外でも、前回のトッピングの有効期限から180日以内に、別途トッピングを購入すれば契約解除や利用停止は更にトッピングの有効期限+180日間延長されることとなります。

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

povo2.0はデータトッピングなしの通話のみで運用できる?

180日以内に通話やSMS送受信で660円を超える料金が発生していれば利用が継続できるようです。

そのため、データトッピングの追加なしで通話のみの利用も可能です。

通話は30秒あたり22円、SMS送信は1通あたり3.3円の従量課金なので、660円を超える課金は通話料金としては約15分以上に相当します。

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

データ容量の追加がない場合は最大通信速度128kbpsとなる

povo2.0はデータトッピングなしでも使い続けられますが、その場合通信速度が低速になるので注意が必要です。

0GBの場合、povo1.0の最大1Mbpsに対し、povo2.0では最大128kbpsに制限されます。

128kbpsだとLINEやメールなどでテキストメッセージを送信することはできますが、画像の表示、WEB検索などには相当な時間がかかります。

動画の再生はほぼ不可能で、再生できたとしても低画質だったり映像が途切れたりする可能性が高いです。

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

povo2.0のデータ容量・通話のトッピングにはどんなものがある?

povo2.0を安く使うためには、なるべく安いトッピングを選ぶことがポイントです。

povo2.0のデータトッピングの種類は?

povo2.0のデータトッピングの内容は下記の通りです。

  • 1GB…390円/7日間
  • 3GB…990円/30日間
  • 20GB…2,700円/30日間
  • 60GB…6,490円/90日間
  • 150GB…12,980円/180日間
  • データ使い放題…330円/24時間

1ヶ月に1〜3GB程度で十分という人は、990円まで料金を抑えることができます。

外出の用事が多い週が決まっているという人は、1GB390円をタイミングに合わせて追加する、といった使い方をすると良いでしょう。

データトッピングは、有効期限が切れた後に余ったデータ容量を繰り越して使うことはできないので注意してください。

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

povo2.0の通話トッピングに種類は?

通話に関しては「5分以内通話かけ放題」が550円のものと、「通話かけ放題」1,650円のトッピングが用意されています。

povo2.0の通話料は30秒あたり22円なので、「うっかり長電話してしまって、気がついたら通話料が高額になっていた」となる可能性もあります。

よく通話をかける人は通話トッピングを追加しておくと料金を抑えられるでしょう。

通話料をかけたくないならLINEやSkypeなどのアプリの利用もおすすめ

povo2.0で通話料をかけたくない場合は、電話アプリではなくLINEやSkypeなどのアプリを利用することをおすすめします。

LINEやSkype、Zoomなどのアプリはインストールから通話まで無料で使えて便利です。

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

自動解約のための管理が面倒な場合は低価格な月額費用の通信サービスもおすすめ

  • povo 2.0は0円に近い金額で回線を利用できるけれど、180日以上無課金で自動で解約となってしまうのが不安

といった場合は、月額料金がかかるものの、小容量で低額に抑えられている通信サービスもおすすめです。

  • LINEMO ミニプランなら月額990円(税込)でLINEの通話&ビデオ通話&メッセージ送受信等でデータ消費なし
  • IIJmio 2GBプランなら月額850円(税込)の大手MVNO

LINEMOのミニプランはLINE通話・ビデオ通話やメッセージ送受信でデータ消費なし

LINEと提携する形でソフトバンクが提供するモバイル通信サービス「LINEMO」には、データ通信容量が3GB/月で990円(税込)で利用できる格安のミニプランが存在します。

LINEMOのミニプランのデータ通信容量は3GBと少なめですが、LINEアプリで

  • 音声通話をした場合
  • ビデオ通話をした場合
  • メッセージで文字や写真や動画などを送受信した場合

データ通信量が一切消費されません。

LINEMOはLINEで日常的にコミュニケーションをよく行っている方には大変オトクなサービスと言えそうです。

6/14よりLINEMOベストプラン発表キャンペーン開催。ミニプラン加入者は月間10GBへ増量!
LINEMO
公式サイトを見る>

IIJmioは月間2GBで850円(税込)のミニマムなプランがある

MVNOと呼ばれる格安SIMジャンルの中では大手で長年のサービス提供実績のある「IIJmio」は月間2GBで850円(税込)で利用できるプランが存在しています。

月額850円(税込)という低価格でありながらSMSや電話機能もついており、電話やSMSが不要な方であればさらに格安な料金で契約・利用が可能です。

IIJmioのギガプランは音声通話機能付きSIMで月額858円(税込)〜とっても格安!
IIJmioの公式サイトを見る

本ページの情報は2023年7月31日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3447件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

povo 2.0の平均データ:116件の投稿データを見る
【Download速度】64Mbps
【Upload速度】35Mbps
【Ping】110ms
【Jitter】58ms

モバイル回線プランのデータ容量(GB)に関するアンケート

▼UQモバイル/ワイモバイル/ahamo/irumo/LINEMO/povoのうちどれかを契約の場合は以下から選択

【格安】契約中のプランのデータ容量(GB)と不足 or 足りているを選択

みんなの人気度を見る

Loading ... Loading ...

▼ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルのうちどれかを契約の場合は以下から選択

【キャリア】契約中のプランのデータ容量(GB)と不足 or 足りているを選択

みんなの人気度を見る

Loading ... Loading ...

アンケート結果は投票数や割合データなど、個人を一切特定できない情報のみ弊社が運営するメディア事業で活用する場合があります点をご了承ください。

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ポスト」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込