povo 2.0で通話料はどうなる?ポヴォ新プランを解説のサムネイル画像

povo 2.0で通話料はどうなる?ポヴォ新プランを解説

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0の長期利用ユーザーが解説!

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像
  • 私たちはpovo2.0のスタート直後から継続的にpovo2.0の回線を利用し、他社SIM回線も複数契約した上で使い勝手を比較・テストしながらサイト運営に取り組んでいます。通信速度を計測できるサービスも開発しました。運営会社

ポヴォの新プラン「povo2.0」の通話料はどうなる?

2021年3月から、auのpovo、ドコモのahamo、ソフトバンクのLINEMOといった格安料金プランの提供が開始されました。

auのpovoは、月間データ容量20GB、基本料(税込)2,728円というプランでしたが、2021年9月にさらに料金を抑えることができる新プラン「povo2.0」の提供が告知されました。

povo2.0は、基本料0円のベースプランにデータ・コンテンツ・通話のトッピングを追加して使用するタイプのプランです。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povoの通話トッピングは550円(税込)で5分以内かけ放題と1,650円(税込)/月で24時間かけ放題の2種類が提供されている

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo2.0で通話料はかかる?通話トッピングはある?

結論、povo2.0では、現行のpovoと同様に通話料がかかります。

また、通話をよくする人向けに通話トッピングが用意されています。

国内通話は30秒ごとに税込22円かかる

povo2.0では、国内通話料は(税込)22円/30秒かかります。

この料金設定は、現行のpovo(povo1.0)と同じです。

また、衛星船舶電話への通話は30秒ごとに税込55円かかり、他社が料金設定している電話番号へは指定の通話料がかかります。

従量課金制なので「つい長電話してしまった」という場合は高額な通話料を請求される可能性もあるので、注意が必要です。

電話をよく利用する人は、次に紹介する「通話トッピング」の利用がおすすめです。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

通話トッピングにはどんなものがある?

povo1.0と同等に、povo2.0でも通話に関するオプションサービスを追加できます。

povo2.0で用意されている通話トッピングは2種類あります。

  • 5分以内通話かけ放題…550円(税込)/月
  • 通話かけ放題…1,650円(税込)/月

短い通話を月に何度もかけるという人は、「5分以内通話かけ放題」のトッピングをしておくと安心です。

長電話をよくするという人は、「通話かけ放題」がおすすめです。

トッピングはpovoのアプリから簡単に申し込みできるので、「今月は電話が多くなりそう」と思ったらすぐに追加できます。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

通話トッピングの自動更新設定はできない

「毎月通話かけ放題を使いたい」という場合、トッピングをいちいち追加するのは面倒ですよね。

毎月自動的にかけ放題のトッピングを追加するような設定にしたいと考える人も多いでしょう。

しかし、povoではトッピングを自動更新設定にすることは不可能です。

トッピングを使い続けたい場合は、有効期限が切れたらその都度トッピングの追加が必要です。

通話トッピングの有効期限が切れていることに気付かないまま長時間の電話をしてしまわないよう、注意してください。

povoで通話料金を節約したい人は無料通話アプリの利用がおすすめ

povoで通話料金をかけたくない人は、電話アプリではなく無料通話アプリを使っての通話がおすすめです。

LINEやSkypeなどのアプリは、インストールから通話まで無料で利用可能です。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

本ページの情報は2023年7月31日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>