povo 2.0と楽天モバイルを比較して解説、違いは?どっちがいい?のサムネイル画像

povo 2.0と楽天モバイルを比較して解説、違いは?どっちがいい?

#携帯キャリア&格安SIM

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

povo 2.0と楽天モバイルはどちらも基本料金0円

2021年9月末よりポヴォの新プランpovo 2.0が提供開始されました。

注目なのは基本料金が0円であることで、格安プランかつ柔軟なプラン設計であることです。

基本料金0円で先行展開している楽天モバイルと、どちらがお得に使用できるのか検討しているユーザーも多いでしょう。

そこで、今回はpovo 2.0と楽天モバイルの違いを徹底比較し、それぞれの特徴とメリットをご紹介します。

povo 2.0はトッピングで自由に設定

povo 2.0のプランの最大の特徴は、必要なオプションを必要な期間だけ自由に選んで設定することです。

高速データ通信の容量は6種類から選択します。

  • 1GB:390円(7日間)
  • 3GB:990円(30日間)
  • 20GB:2,700円(30日間)
  • 60GB:6,490円(90日間)
  • 150GB:12,980円(180日間)
  • データ使い放題:330円(24時間)

使用期間が決まっているので、期間内に追加トッピングを忘れないようにしましょう。

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

楽天モバイルはデータ使い放題3,278円

対する楽天モバイル高速データ通信容量は3種類から選択し、楽天回線エリアであれば3,278円で無制限に利用することができます。

  • 3GBまで:1,078円/月
  • 20GBまで:2,178円/月
  • 20GB以降無制限:3,278円/月

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

超過後の通信速度は楽天モバイルの方が速い

スマホ利用で最も重視するユーザーが多いのが通信速度。

中でも契約容量を超過する状態は避けたいところで、容量を越えてしまった時の速度は重要な比較ポイントです。

povo 2.0の超過後速度は128kbps

povo 2.0の最も残念であるといえるのは、超過後通信速度が他キャリアと比べ断然遅いことでしょう。

ahamoやLINEMO、旧プランのpovo 1.0では1Mbpsであるのに対し、povo 2.0の128kbpsはストレスを感じる速度です。

超過後は動画視聴を控えたり、24時間データ使い放題をプラストッピングして乗り切りましょう。

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

楽天モバイルの速度制限1Mbpsが撤廃

対して楽天モバイルは、パートナー回線の制限が撤廃され無制限に利用できるようになったことで、速度制限も撤廃されました。

楽天モバイルで速度制限がかかる場合は、海外での利用などに限られるので、国内で使用する場合は無制限で利用することができます。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

3GB利用ならpovo 2.0がお得

低価格プランを検討中の人は、低容量プランで比較している人が多いのではないでしょうか?

3GBから5GBのプランは格安SIMでもニーズが高く、LINEMOでも3GBプランを新たに提供を始め人気の高さがうかがえます。

povo 2.0と楽天モバイルを3GBプランで比較すると以下の通りです。

  • povo 2.0:990円(30日間)
  • 楽天モバイル:1,078円

31日ある月ではpovo 2.0の場合1日少なくなってしまいますが、その他の月で考えるとわずかにpovo 2.0の方が安くなります。(月末1日のみ128kbpsで乗り切りましょう)

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

20GBでもpovo 2.0がお得

3大キャリアから提供されているサブブランドでは、そろって20GBプランが登場し比較検討されました。

povo 2.0と楽天モバイルの20GBプランは、どちらがお得でしょうか?

20GBならpovo 2.0

  • povo 2.0:20GB/2,700円
  • 楽天モバイル:20GB/2,178円

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

50GB以上使用する場合は楽天モバイル

  • povo 2.0:150GB/12,980円
  • 楽天モバイル:無制限3,278円×3ヶ月=9,834円

楽天モバイルには通話料無料(専用アプリ利用時)も含まれているので、料金比較だけでどちらがお得とはいい切れませんが、20GBユーザーで通信料を安くしたい人はpovo 2.0、50GB以上なら楽天モバイルの方がおすすめです。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

通信エリアや品質面はpovo 2.0が安定

楽天モバイルの特徴として、楽天エリア内であればデータ使い放題が大きなメリットに感じる人は多いでしょう。

また、楽天モバイルはRakuten Linkを使った通話は国内通話かけ放題で、無料で利用できるサービスの多さはpovo 2.0を上回ります。

しかし、料金だけでは判断できないのが通話品質や通信エリアの対応範囲です。

通話品質

楽天モバイルの通話品質は、SNSの口コミによると「途切れる、聞き取りづらい」などが多く見られますが、「通常の電話と変わりない」と感じているユーザーもいます。

使用するネットワークの品質に依存するところもあり、モバイルルーター経由よりは光回線環境下の方が通話品質が安定したという話もあるようです。

その他、使用している端末のスペックなども関わってくるため一概にどちらが良いとは断言できませんが、povo 2.0はau回線を利用しているので楽天モバイルよりも安定していることは確かです。

通信エリア

通信エリアの広さは、auエリアを使用するpovo 2.0と独自のエリアを使用する楽天モバイルでは、以前はpovo 2.0が圧倒的に有利でした。

しかし最近は楽天モバイルのエリアがさらに拡大され、2022年4月に人口カバー率97.2%を達成しているとのことで、今後に期待が高まります。

エリア問題は地域差があり、都心ではほとんど差はありませんが地方で比べるとやはりpovo 2.0が安定しています。

全国を網羅しているとはいえ使用感は地域差が大きいため、安定を求めるのであればpovo 2.0を選択しましょう。

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

povo 2.0と楽天モバイル併用利用も検討

povo 2.0と楽天モバイルの違いは「料金の安さと品質の安定」どちらを求めるかによって選択が変わります。

  • 通話料がかからない方法を選択するなら楽天モバイル
  • 通話品質や通信の安定を求めるならpovo 2.0
  • 月に3GB、20GBプランを選ぶならpovo 2.0
  • 超過速度の速さを求めるなら楽天モバイル

また、デュアルシム対応のスマホを利用すれば、povo 2.0をメイン回線にして安定を確保し、楽天モバイルをサブ回線として通話無料やデータ容量超過分をカバーするといった「イイトコ取り」の使用もできます。

お互いのメリットをふまえ、まずは自分の利用状況を確認しメリットの多い方を選択しましょう。

他社から乗換で最大10,000円相当還元キャンペーン中!\povoは月額基本料0円/
povo2.0アプリで簡単申込>
au/UQモバイル/povo1.0からの乗換を除く。税込24,000円以上の対象トッピング購入の場合。povo1.0/auユーザーの方はこちら

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

この記事の情報更新履歴:

2023年9月20日:楽天モバイルのパートナー回線の記述を削除、楽天モバイルの速度制限の記述を更新

本ページの情報は2023年9月20日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3522件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

モバイル回線プランのデータ容量(ギガ)不足に関するアンケート

契約中のモバイル回線とギガ(データ容量)が不足 or 足りているを選択▼

みんなの人気度を見る

Loading ... Loading ...

モバイル回線プランのギガ(データ容量)とギガ不足 or 足りているを選択▼

みんなの人気度を見る

Loading ... Loading ...

アンケート結果は投票数や割合データなど、個人を一切特定できない情報のみ弊社が運営するメディア事業で活用する場合があります点をご了承ください。

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

新規/乗換時セット端末購入で最大44,000pt還元!
ahamo公式サイト>