povo 2.0とLINEMO(ラインモ)ミニプランを比較、違いは?どっちがいい?のサムネイル画像

povo 2.0とLINEMO(ラインモ)ミニプランを比較、違いは?どっちがいい?

#携帯キャリア&格安SIM

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

  • 「アプリポ」はスマホアプリやSIM回線&機種)に関する疑問に答えるサイトです。私たちは常時複数の格安SIM回線を実際に契約し、通信速度を計測できるサービスの開発など、専門的視点と消費者目線を両立した体制で運営しています。運営会社

auが新プランpovo 2.0を発表

povo 2.0の最大の特長は基本料金が0円であること。

お好みに応じたデータ、通話、コンテンツの「トッピング」をすることで、あなただけの最適な料金プランができあがります。

各種トッピングの価格設定は、他社のサービスの料金を意識したものであることがうかがえます。

中でもデータトッピングの3GBは、利用期間が30日間で990円(税込)と、LINEMOミニプランを意識しているようです。

LINEMOミニプランは、月額990円(税込)で3GBまで利用できるLINEMOの格安プランです。

当記事では、povo 2.0とLINEMOミニプランを比較して、その違いを解説します。

povo 2.0とLINEMO(ラインモ)ミニプランの比較

povo 2.0とLINEMOミニプランを比較してみました。

料金

povo 2.0:月額0円~、3GB(30日間)の場合990円(税込)

LINEMOミニプラン:月額990円(税込)

月間データ容量

povo 2.0:0GB~、990円(税込)のトッピング利用で3GB(30日間)

LINEMOミニプラン:3GB

容量超過時の通信速度

povo 2.0:最大128kbps

LINEMOミニプラン:最大300kbps

契約可能年齢

povo 2.0:13歳以上

LINEMOミニプラン:18歳以上(利用者登録は18歳未満もOK)

容量追加オプション

povo 2.0:1GB390円(税込)~150GB12,980円(税込)、データ使い放題24時間330円(税込)

LINEMOミニプラン:1GBあたり550円(税込)

通話料無料

povo 2.0:なし(トッピングで提供)

LINEMOミニプラン:5分以内の国内通話無料「通話準定額」が契約から7か月間キャンペーンにより無料、その後は550円(税込)/月を払うことで利用可能

通話料

povo 2.0:22円(税込)/30秒

LINEMOミニプラン:22円(税込)/30秒

通話料オプション

povo 2.0:通話トッピングで5分以内通話かけ放題が月額550円(税込)、通話かけ放題が月額1,650円(税込)

LINEMOミニプラン:月額550円(税込)で、1回5分以内の国内通話無料(7か月間月額550円(税込)のオプションが無料キャンペーン中)、月額1,650円(税込)(7か月間月額1,650円(税込)のオプションが1,100円(税込)に割引キャンペーン中)で国内通話無料

回線

povo 2.0:KDDI(au)の回線

LINEMOミニプラン:ソフトバンクの回線

5G対応

povo 2.0:対応(一部地域)

LINEMOミニプラン:対応(一部地域)

申込方法

povo 2.0:オンライン限定

LINEMOミニプラン:Web・LINEアプリ

キャリアメール

povo 2.0:なし

LINEMOミニプラン:なし

店頭サポート

povo 2.0:原則対象外

LINEMOミニプラン:原則対象外

LINE通信料無料

povo 2.0:なし

LINEMOミニプラン:無料(LINEギガフリー)

特定コンテンツ利用時の優遇

povo 2.0:コンテンツトッピングでDAZN使い放題パック(7日間)760円(税込)、smash.使い放題パック(24時間)220円(税込)

LINEMOミニプラン:LINEアプリのトーク、音声、ビデオ通話が無料で使い放題(LINEギガフリー)

2年契約や解約金の有無

povo 2.0:なし

LINEMOミニプラン:なし

手数料

povo 2.0:移行手数料、契約解除料、契約事務手数料がすべて無料

LINEMOミニプラン:移行手数料、解約手数料、MNP転出手数料、契約事務手数料、SIM再発行手数料がすべて無料

テザリング対応

povo 2.0:対応

LINEMOミニプラン:対応

LINEの年齢認証サービス

povo 2.0:非対応

LINEMOミニプラン:対応

利用停止・契約解除

povo 2.0:180日間以上有料トッピングの購入などがない場合にあり

LINEMOミニプラン:なし

povo 2.0とLINEMO(ラインモ)ミニプランの違い

povo 2.0とLINEMOミニプランは、どちらも2021年春からサービス開始されたオンライン専用ブランドのプランが進化したものです。

オンライン専用ブランドは、利用できるサービスを絞ってシンプルにして低価格を実現しました。

もともとのpovo(povo 1.0)やLINEMOのスマホプランはどちらも20GBで月額2,728円(税込)で、サービス内容もほぼ同等のものでした。

ですがpovo 2.0とLINEMOミニプランは違った形で進化しています。

2つのプランの違いは、ターゲットとなる顧客の範囲の広さにあると言えるでしょう。

povo 2.0は、トッピングの選び方次第でさまざまな料金プランに変化します。

通話を頻繁に利用する人、データ通信をたくさんする人、コンテンツを楽しみたい人など幅広い層が対象となるプランです。

LINEMOミニプランは、LINEMOスマホプランの小容量・低価格版と言えます。

「20GBも使わないので、もっと安い方がいい」というデータ通信をあまりしない人にとってありがたいプランです。

povo 2.0はこんな人におすすめ

povo 2.0は例えばこんな人におすすめです。

スマホをあまり使わないのでとにかく安く持ちたい人

トッピングや通話をできる限り少なくすれば、0円に近い価格でスマホを持つことができます。

ただし、180日間以上有料トッピングの購入などがないと利用停止、契約解除になる可能性があるので注意が必要です。

おトクにたっぷりデータ通信したい人

データトッピングは最大150GB(180日間)で12,980円(税込)。

30日あたり25GB使えて約2,163円と、20GBで2,728円のpovo 1.0よりもかなりおトクです。

時期によって通話やデータ通信の使用量にばらつきがある人

時期によって通話やデータ通信の使用量にばらつきがある人にもおすすめです。

使用量が多い時期にはトッピングをたくさん、使用量が少ない時期にはトッピングを少しにすることで、料金が抑えられます。

通話だけしか利用しない人

通話だけの利用ならかかる料金は、通話トッピングの「5分以内通話かけ放題」が月額550円(税込)、「通話かけ放題」が月額1,650円(税込)のみ。

短い通話を頻繁にする人なら5分以内通話かけ放題が、とにかくたくさん話す人なら通話かけ放題がおすすめです。

休日にたっぷり使いたい人

普段はあまり使わないけど、休日に映画やアニメをたっぷり楽しみたいという人には「データ使い放題24時間」がおすすめ。

330円(税込)でデータ通信が24時間無制限です。

LINEMO(ラインモ)ミニプランはこんな人におすすめ

LINEMOミニプランは例えばこんな人におすすめです。

通話メインでデータ通信をあまりしない人

通話はほどほどにするけど、データ通信をあまりしないので3GBもあれば十分という人におすすめです。

5分以内の国内通話が無料になる「通話準定額」(月額550円(税込))が無料に、時間・回数無制限で国内通話がかけ放題になる「通話定額」(月額1,650円(税込))が月額1,100円(税込)になるキャンペーンを実施中です。

契約後7か月間限定ですが、通話がさらにおトクに利用できます。

LINEメインでスマホを利用する人

LINEMOミニプランにはLINEアプリのトーク、音声、ビデオ通話が無料で使い放題になる「LINEギガフリー」があります。

データ消費0でLINEアプリが利用でき、データ容量を使い切ってもLINEアプリを利用する時には通信速度が落ちません。

LINE以外のアプリはあまり利用しない人にはうれしいプランです。

この記事の情報更新履歴:

2023年9月20日:LINEMOの開催キャンペーン内容を更新

本ページの情報は2023年9月20日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

新規/乗換時セット端末購入で最大44,000pt還元!
ahamo公式サイト>