質問箱(Peing)で自作自演するとバレる?わかる?のサムネイル画像

質問箱(Peing)で自作自演するとバレる?わかる?

#質問箱系アプリ

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

  • 「アプリポ」はスマホアプリやSIM回線&機種)に関する疑問に答えるサイトです。私たちは常時複数の格安SIM回線を実際に契約し、通信速度を計測できるサービスの開発など、専門的視点と消費者目線を両立した体制で運営しています。運営会社

質問箱(Peing)で自作自演について

【2021年09月更新!】

質問箱(Peing)は、匿名で送られてきた質問に回答し、SNSなどで投稿できるサービスです。

若者を中心に人気のサービスですが、以前に公式ツイッターで自作自演について話題になりました。

公式ツイッターで1400万件の質問のうち、30万件は自作自演の質問であると大暴露してしまいました。

匿名の質問ができることが売りのサービスであるにも関わらず、公式ツイッターで公開することに多くの批判の声が上がりました。

その後、公式ツイッターは謝罪しました。

さらに、自問自答できるサービスとしてセルフ質問というサービスをリリースしたそうです。

質問箱(Peing)で自作自演はできる?

質問箱で自作自演をすると運営者側にはIPアドレスなどで自分で質問して自分で回答することは分かってしまいます。

しかし運営者にしかIPアドレスは分からないため、SNSに投稿しても他の人に自作自演しているかどうかは分かりません。

運営者から「自作自演した投稿です」と、個人あてに指摘されることはまずありませんのでバレることはありません。

ただし以前に公式ツイッターで暴露されたこともあり、一定数の質問は自作自演している可能性があるとサービス利用者は認識してしまいました。

あまり自分の都合の良い内容の質問だと、「これは、自作自演じゃないか?」と周りのフォロワーさんに思われてしまうかもしれません。

質問箱は、あくまでも匿名の質問に答えるというサービスですので通常の使い方をすることをおすすめします。

また、以下の記事で、質問箱(Peing)で自問自答してみた結果を公開しています。

本ページの情報は2022年11月18日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)