LINEMO(ラインモ)で外国人が契約する場合は?在留カードや必要になる証明書を解説のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)で外国人が契約する場合は?在留カードや必要になる証明書を解説

#LINEMO(ラインモ)

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

LINEMOの長期利用ユーザーが解説!

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内

LINEMOは外国人でも契約可能?用意する書類は?

「LINEMO」は、月間3GBで990円(税込)と更に格安なミニプランが選べるモバイル回線サービスとして人気を集めています。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • LINEMOは外国人でも契約でき、永住者や特別永住者以外の在留資格でも契約できる
  • LINEMOを契約するときの証明書は在留資格によって違う
  • 証明書は「在留カード」や「特別永住者証明書」や「外国パスポート」が1つ〜複数必要になる

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

LINEMO

LINEMOは外国人でも契約できる

前提として、外国人でもLINEMOを契約することが可能です。

LINEMOの公式サイトにも、外国人の申し込みに関する記載があります。

ただし、日本人とはまた違った書類が必要になるので、しっかり確認しておく必要があります。

次の章から、必要な本人確認の証明書について解説します。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

契約するときの証明書で必要なもの

外国人がLINEMOを契約するときに必要な本人確認証明書と条件は以下の通りです。

  • 在留資格が「永住者」:在留カード
  • 在留資格が「特別永住者」:特別永住者証明書
  • 在留資格が上記以外:在留カード+外国パスポート

必要書類は、在留資格の状態によって変わります。

契約者の在留資格を確認し、用意する書類を確認するようにしましょう。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

各種証明書の審査条件

では、在留カード、特別永住者証明書、外国パスポートの審査条件をそれぞれ見ていきましょう。

在留カード・特別永住者証明書

在留カード・特別永住者証明書の審査条件は4つあります。

  1. 申し込み時に入力する氏名、住所、生年月日と一致していること
  2. 有効期限内のもの
  3. 顔写真がきちんと確認できること
  4. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること

LINEMOは店舗での契約ができず、全てオンラインで証明書の提出を行う必要があります。

ですので、証明書の写真データをアップロードしなければいけません。

その際、文字が不鮮明だったり、顔写真の部分が見切れていたりすると、審査が通らないことがあるので注意してください。

また、「性別」の部分が隠れていない場合も申し込みが通らないので注意する必要があります。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

外国パスポート

一方、外国パスポートの審査条件は1つだけです。

  1. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること

この条件は在留カード・特別永住者証明書の審査条件と同じです。

「性別」の部分が隠れていない場合も申し込みが通らないので、在留カードと同じく注意する必要があります。

姓や住所が最新でない場合は、補助書類が必要

もし、在留カードや特別永住者証明書、外国ぽ明日ポートに記載されている情報が最新でない場合は、以下の補助書類のうちいずれか1つを一緒に提出する必要があります。

  • 住民票記載事項証明書(原本)
  • 公共料金領収書

また、住民票記載事項証明書と公共料金領収書のどちらにも、以下のような審査条件が定められており、全てを満たしている必要があります。

住民票記載事項証明書の審査条件

  • 本人確認書類の名義と同じであること
  • 「個人番号」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること
  • 発行日より3ヶ月以内であること
  • 現住所が記載されていること

公共料金領収書

  • 本人確認書類の名義と同じであること
  • 発行日より3ヶ月以内であること
  • 現住所が記載されていること
  • 領収書印、または領収した旨が記載されていること

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

LINEMOの外国人契約には在留カードと永住者でない場合は外国発行パスポートも必要

LINEMOの外国人契約の際に用意する証明書などついて解説しました。

LINEMOは店舗受付に対応していないので、外国人も含めオンラインでの対応になります。

必要な証明書として用意しやすいのは、在留カードと外国発行パスポートです。

ただし、住所や名前に変更がある場合は、補助書類も必要になることを理解しておきましょう。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

本ページの情報は2023年9月1日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3184件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

LINEMOのスペックと速度まとめ

LINEMOのスペックと料金は?
使用回線✔:ソフトバンクと同一回線の4G/5Gが利用できる
提供会社✔:ソフトバンクが直接提供
プラン料金✔:月間3GBのミニプランで月額990円(税込)、月間20GBのスマホプランで月額2,728円(税込)
初期費用✔:事務手数料もSIM送料もすべて無料、契約期間縛りもなし!
LINE特典✔:LINE通話やビデオ通話でギガ消費なし
回線速度実測値:67件の投稿データを見る
【Download速度】76Mbps
【Upload速度】36Mbps
【Ping】33ms
【Jitter】12ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ポスト」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!

LINEMO
公式サイトを見る>