ワイモバイルでSIMカードとeSIMはどっちがいい?おすすめは?のサムネイル画像

ワイモバイルでSIMカードとeSIMはどっちがいい?おすすめは?

#ワイモバイル

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

ワイモバイルのSIMはどっちがいい?

ワイモバイルは2021年3月17日から従来のSIMカードに加えてeSIMの提供を開始しました。

詳しくない人にとってはどっちを選べばいいか迷うかもしれません。

そこで、当記事ではワイモバイルのSIMはどちらがいいかに関する以下の事柄を解説します。

  • ワイモバイルでSIMカードを選ぶメリットデメリット
  • ワイモバイルでeSIMを選ぶメリットデメリット
  • ワイモバイルで使うならSIMカードがおすすめ

ワイモバイルでSIMカードを選ぶメリット&デメリット

まず、ワイモバイルでSIMカードを選ぶメリットとデメリットについて解説します。

メリット

ワイモバイルでSIMカードを選ぶメリットは以下のとおりです。

  • 機種変更や故障の時、カードを差し替えるだけで使える
  • 対応端末が多い
  • 店舗で申し込めばすぐに利用できる

では、1つずつ見ていきましょう。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

機種変更や故障の時、カードを差し替えるだけで使える

メリット1つ目は、SIMカードは機種変更や故障の時、カードを差し替えるだけで使えることです。

SIMカードを別の端末で使う場合、今の端末から取り出して別の端末に差し込めば使えるようになります。

難しい設定は特に必要なく、比較的使いやすいのがSIMカードの特徴です。

対応端末が多い

メリット2つ目は、対応端末が多いことです。

SIMカードはほぼすべてのスマホで利用できます。

手持ちの端末でワイモバイルに乗り換える場合も、SIMカードに対応していないために利用できないということはまずありません。

店舗で申し込めばすぐに利用できる

メリット3つ目は、店舗で申し込めばすぐに利用できることです。

ワイモバイルはオンラインストア以外に実店舗でも申込ができます。

店舗で申し込めば、待ち時間なくすぐに利用開始できます。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

デメリット

一方、SIMカードを選ぶデメリットは以下の通りです。

  • オンラインショップで申し込みの場合は待ち時間が発生する
  • 損傷による読み込み不良や紛失の危険性がある

1つずつ見ていきましょう。

オンラインストアで申し込みの場合は待ち時間が発生する

デメリット1つ目は、オンラインストアで申し込みの場合は待ち時間が発生することです。

SIMカードは宅配便で発送されますので、届くまで利用できません。

MNPによる乗り換えの場合は、乗り換え元の月額料金の締め日に注意が必要です。

乗り換え元の契約は、乗り換え先の開通をもって解約となります。

料金計算期間の途中で解約となった場合でも、多くの携帯電話会社では日割り計算は行われず月額料金が満額請求されてしまいます。

すぐに使いたい場合は実店舗で申し込むことで解決できます。

損傷による読み込み不良や紛失の危険性がある

デメリット2つ目は、損傷による読み込み不良や紛失の危険性があることです。

SIMカードは小さな精密部品であるため、取り扱いには注意が必要です。

挿入時や交換の際、静電気等による破損や紛失の可能性があります。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

ワイモバイルでeSIMを選ぶメリット&デメリット

次に、eSIMを選ぶメリットとデメリットについて解説します。

メリット

eSIMを選ぶメリットは以下の通りです。

  • 開通手続きが早い
  • 紛失や破損のリスクがない

開通手続きが早い

メリット1つ目は、開通手続きが早いことです。

eSIMの場合、開通手続きはWeb上で完結させることができます

ワイモバイルではオンラインで申し込みをして、eKYCと呼ばれるオンライン本人確認システムを利用すれば、最短1時間程度で利用可能です。

すぐに開通するため、MNPの場合でも乗り換え元の会社の締め日を心配する必要がありません。

店舗に行く暇がないなどの場合に便利です。

紛失や破損のリスクがない

メリット2つ目は、SIMの紛失や破損のリスクがないことです。

eSIMは、スマートフォンに内蔵されているため、乗り換えや機種変更時のSIMの変更は「プロファイル」と呼ばれるデータを書き換えることで行います。

SIMを取り出す必要がないので、紛失したり静電気等により破損したりする心配はありません。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

デメリット

一方、デメリットは以下の通りです。

  • 対応機種が少ない
  • 別の機種に移す場合、eSIMの再発行が必要
  • 自分で初期設定する場合、Wi-Fi環境が必要

対応機種が少ない

デメリット1つ目は、eSIM対応の機種が少ないことです。

eSIMを利用するには、それに対応した端末を用意する必要があります。

対応機種は少しずつ増えていますが、まだ少数です。

ワイモバイルで動作確認済みのeSIM対応端末は、iPhoneではiPhoneXS、XR以降、Android端末ではGoogle Pixel 4以降など一部の機種のみです。

別の機種に移す場合、eSIMの再発行が必要

デメリット2つ目は、機種変更などで別の機種にSIMを移す場合、eSIMの再発行が必要なことです。

eSIMは端末に内蔵されているSIMに「プロファイル」と呼ばれるデータを書き込むことで利用します。

別の機種で利用するには、データの再発行が必要になるのです。

eSIMの再発行は「My Y!mobile」または店頭で手続きを行います。

My Y!mobileで行う場合は手数料はかかりませんが、店頭で行う場合は3,300円(税込)の手数料がかかります。

自分で初期設定する場合、Wi-Fi環境が必要

デメリット3つ目は、eSIMを自分で初期設定する場合、Wi-Fi環境が必要となることです。

ワイモバイルをオンラインショップから申し込む場合は、自分で初期設定をする必要があります。

その際、インターネットに接続する必要があるので、自宅の固定回線などのWi-Fi環境が必要です。

家にWi-Fiがない場合は、フリーWi-Fiを使うのもいいですが、安全性の観点からあまりおすすめはできません。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

ワイモバイルで使うならSIMカードがおすすめ

これまで、SIMカードとeSIMそれぞれのメリットデメリットについて解説してきました。

そのうえで、ワイモバイルで使うのにおすすめなのは、SIMカードです。

理由を簡単にまとめると次の通りです。

  • 対応端末が多いので乗り換えやすい
  • 初期設定が簡単で初心者でも安心
  • 店舗で手続きしてすぐに利用できる

利用のしやすさという点において現時点ではSIMカードのほうが有利です。

また、ワイモバイルは店頭で契約することもできるので、SIMカードの大きなデメリットの1つである「到着までの待ち時間」も解消できます。

eSIMを利用するべき明確な理由がないのであれば、SIMカードのほうが利用しやすいでしょう。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

本ページの情報は2023年10月26日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3184件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

ワイモバイルの平均データ:122件の投稿データを見る
【Download速度】76Mbps
【Upload速度】48Mbps
【Ping】31ms
【Jitter】44ms

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!

ワイモバイルのキャンペーンサイト