ワイモバイルでプラチナバンドは使える?ソフトバンクとバンドは違うのか解説のサムネイル画像

ワイモバイルでプラチナバンドは使える?ソフトバンクとバンドは違うのか解説

#ワイモバイル

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

ワイモバイルはソフトバンクと同じプラチナバンドが使えるの?

ワイモバイルは、ソフトバンク株式会社が提供する格安SIMブランドです。

ソフトバンクに比べて価格を抑えられる場合が多いので、代わりにワイモバイルを選ぶ人も多いですが、プラチナバンドが同じように使えるのか気になる方も多いでしょう。

当記事では、以下の内容について解説します。

  • ワイモバイルの4G(LTE)や5Gの対応バンドはソフトバンクと同じ
  • ワイモバイルはソフトバンクの4Gプラチナバンドに対応し電波がつながりやすい
  • ワイモバイルの4Gと5Gのバンドごとの特徴や重要度を表で解説

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

ワイモバイルのバンドはソフトバンクと同一の周波数帯

ワイモバイルの4G(LTE)/5G回線のバンドは、同系列のソフトバンクと全く違いがありません。

ワイモバイルは、ソフトバンクと同じ周波数帯に対応しているため、プラチナバンドが使えます。

ワイモバイルの4G回線のバンドの特徴と重要度

ワイモバイルの4G(LTE)回線の対応バンドは以下となります。

プラチナバンドのBand 8も含まれており通信回線の届きやすさは優れています。

バンド名 重要度 特徴 周波数帯
Band 1 ★★★ 高速通信が可能
ビルや山など障害物に弱め
2.0GHz帯
Band 3 高速通信が可能
ビルや山など障害物に弱め
1.7MHz帯
Band 8 プラチナバンド
隅々まで電波が届くが速度は遅い
900MHz帯
Band 11 ☆☆☆ エリアが限定的で重要性が低い 1.5GHz帯
Band 28 ★☆☆ プラチナバンド
隅々まで電波が届くが速度は遅い
700MHz帯
Band 41 ★☆☆

繁華街など回線が集中
する場所で効果を発揮

2.5GHz帯
Band 42 ★☆☆ 繁華街など回線が集中
する場所で効果を発揮
3.5GHz帯

上記バンドのうち、ワイモバイル=ソフトバンク回線の4G(LTE)回線で特に広く使われているバンド(周波数帯)はBand 1、Band 3、Band 8であり、この3つのバンドに対応していることがワイモバイルで使う端末にとって重要となります。

このうち、Band8は周波数が900MHzのプラチナバンドのため、ソフトバンクでもワイモバイルでもプラチナバンドが使えるということになります。

そのほかのバンドもそれぞれ異なる役割を持っており、例えば地域ごとにバンドを使い分けたり、複数の電波を束ねる補助的な役割で使われていたりします。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

ワイモバイルの5G回線のバンドの特徴と重要度

ワイモバイルは5G通信に対応しています。

ワイモバイルの5G回線の対応バンドは以下となります。

バンド名 重要度 特徴 周波数帯
n77 ★★★ 5G Sub6と呼ばれる周波数帯
4Gより高速通信が可能
エリアが急速に拡大している
3.7GHz帯
n257 ★☆☆ 5Gミリ波(mmWave)と呼ばれる
周波数帯だがエリアは限定的
28GHz帯
n3 ★★☆ 4Gを転用した周波数帯 1.7GHz帯
n28 ★★☆ 4Gを転用した周波数帯 700MHz帯

ワイモバイルの5G回線ではSub6の面的な整備が進行しており、ミリ波は限定的なエリアでの整備にとどまっています。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

プラチナバンドは電波が隅々までと届きやすいバンド

プラチナバンドを一言で表すのであれば、「日本国内で電波が届きやすい周波数」です。

具体的には、700〜900MHz帯の周波数を指し、総務省から各通信業者に割り当てられています。

また、携帯電話の他にも、テレビ中継や無線通信などにも用いられている万能な周波数です。

このように、利用価値が高い周波数帯域のため、高価な鉱石になぞらえて「プラチナ」バンドという名称で呼ばれています。

4Gのプラチナバンドが持つ性質

また、プラチナバンドは、以下の性質を持っています。

  • 建物などの障害物に対して、電波が回り込んで届く
  • 建物内や地下空間にも電波が届きやすい
  • 小規模な送受信設備でも通信できる

つまり、プラチナバンドが使えない場合、建物の壁に電波が反射される可能性が高くなり、急に電波がつながりにくくなる事態が起こってしまいます。

プラチナバンドは、私たちが生活するうえで非常に有用なもので、携帯会社にとってもなくてはならない存在です。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

ワイモバイルは4Gのプラチナバンドが使える

結論、プラチナバンドはワイモバイルでも使用可能です。

プラチナバンドを使うために何か設定が必要ということもなく、ワイモバイルを契約してSIMカードを差し込めば、ほとんどの端末でプラチナバンドが使えるでしょう。

また、2023年10月現在、プラチナバンドが割り当てられていないキャリアは楽天モバイルのみです。

楽天モバイルでは2023年10月に念願のプラチナバンド(700GHz)を獲得し、2024年に提供開始を目指して環境整備を進めています。

それ以外の回線では、基本的にプラチナバンドが利用でき、ストレスなく生活できる可能性が高いでしょう。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

この記事の情報更新履歴:

2023年10月26日:楽天モバイルのプラチナバンド獲得を追記

本ページの情報は2024年5月3日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3273件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

ワイモバイルの平均データ:124件の投稿データを見る
【Download速度】75Mbps
【Upload速度】47Mbps
【Ping】31ms
【Jitter】44ms

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!

ワイモバイルのキャンペーンサイト