ソフトバンクからpovoへ乗り換えのやり方。MNPワンストップ対応でスムーズ。のサムネイル画像

ソフトバンクからpovoへ乗り換えのやり方。MNPワンストップ対応でスムーズ。

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0の長期利用ユーザーが解説!

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像

ソフトバンクを使っているがpovoに乗り換えたい

「povo」は基本料0円で契約できユーザーの利用用途に合わせてデータ容量や通話料をトッピングすることができる柔軟なプラン設計から広く注目を集めています。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • ソフトバンクからpovoへ乗り換え前に利用予定のスマホ端末がSIMフリーかどうか+povo対応端末かどうか?確認する
  • ソフトバンクからpovoへのMNPは予約番号不要のワンストップ制度を利用できる
  • ソフトバンクで発行したメールアドレスを利用したい場合は有料のキャリアメール持ち運びサービスを利用
  • povoの申し込みには本人確認書類、クレジットカード、SIMロックのかかっていない端末が必要
  • 2021年10月以前にソフトバンクで発売された端末をpovoで利用する場合はSIMロックを解除しておく必要がある

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

乗り換え前にpovoで利用するスマホ端末が対応端末に含まれるか?確認

povoでは直接スマホのセット販売は行われていません。

そのため、スマホ端末は、

  • ソフトバンクで利用していたスマホ端末をpovoへ持ち込む
  • povo用のスマホ端末を購入し利用する

のどちらかの方法で用意する必要があります。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

ソフトバンクで利用していたスマホ端末をpovoへ持ち込む場合

  1. ソフトバンクで購入したスマホ端末がpovoの対応端末に含まれているかどうかpovo2.0公式アプリで確認する
  2. 2021年10月以前発売のソフトバンク端末はSIMロックの解除が必要な場合があります。スマホ端末のSIMロックをMy SoftBankやソフトバンクの店舗で解除する

2021年10月以降のスマホ端末やiPhone 13シリーズ以降発売のiPhoneはソフトバンクや他社携帯キャリアでの販売でもSIMフリー端末として発売されています。

povo用のスマホ端末を購入し利用する場合

  1. 購入予定のSIMフリーのスマホ端末が、povoの対応端末に含まれていることを確認する
  2. SIMフリーのスマホ端末をオンラインや店舗等で入手する

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

他社で販売されたAndroid端末はau回線で電波が弱くなる可能性が

au以外の他社で販売されたAndroidスマホをpovoで使いたい場合の大きな注意点としては、

au以外の他社で販売されているAndroid端末は、購入した携帯電話会社の電波周波数帯(バンド)を中心に対応していることが多く、povoの対応端末に含まれているAndroidスマホでpovo等のau回線に乗り換えた場合、「エリアが狭い」「電波が弱いことが多い」と感じる結果になってしまう可能性があります。

参考記事:<ケータイWatch>au・ソフトバンクスマホを「SIMロック解除」してドコモ系MVNOで使うには?~IIJが解説

なお、iPhoneの場合は同様の問題が発生しません。

au以外の他社で販売されたiPhoneであっても、auで販売されたiPhoneと通信性能や対応電波周波数帯(バンド)に違いは無いため、iPhoneは携帯電話会社間の持運びにおいて問題が発生しづらいです。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

ソフトバンクからpovoへMNPワンストップ乗り換えの手順

スマホ端末がpovoの対応端末に含まれ、SIMロックが解除されていることが確認できたら、ソフトバンクからpovoへ乗り換えが可能です。

ソフトバンクからpovoへのMNPでは、予約番号をソフトバンクで発行する必要がなく引き留めを防止できるワンストップ制度を利用できます。

povo 2.0はオンライン限定のモバイル通信プランのため、MNPワンストップ化の対象外となる申し込み方式はありません。

画像付きでソフトバンクからpovoへのMNPワンストップ乗り換えの手順を解説します。

1.povo2.0公式アプリから公式アプリをダウンロードしてアプリを開いて、お申し込みはこちらをタップして手続きを開始
2.次へボタンをタップ

3.povoのアカウント登録用のメールアドレスを入力して次へをタップ
4.メールアドレスに届いた6桁の認証コードを入力

5.アプリの案内が表示されるのでスキップをタップ
6.SIMタイプをSIMカード or eSIMから選んで、契約タイプはMNPのため電話番号を引き継いで契約を選んで次へをタップ

7.契約内容を確認するため画面を下にスクロール
8.重要事項説明とpovoご利用にあたっての書類を確認してすべてチェックを入れてこの内容で申し込むをタップ

9.料金支払い用のクレジットカード情報を入力
10.次へ進むをタップ

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

11.外部Webサービスで本人確認書類の提出と3D首振り顔写真をスマホのカメラの使用を許可して撮影してアップロード
12.ご契約名義住所を入力して次へをタップ

13.ご利用者の確認を選択し、いいえの場合は利用者情報を入力
14.MNP予約番号をお持ちでないお客様を選択し、乗り換えたい携帯電話番号を入力、現在利用中の携帯会社(ソフトバンク)を選択し、次へをタップ

15.転出元の携帯会社(ソフトバンク)の公式サイトに自動ジャンプするのでログイン解約前のアンケート等に回答し、解約を申し込み、その後表示される画面でpovo 2.0アプリを開くをタップ
16.はいをタップ

17.次へをタップ
18.本人確認完了を知らせるpovoからのメールの到着を待つ(数日かかる場合もあります)

19.本人確認完了メール到着後、povo 2.0アプリを開き、povo 2.0への切り替え/eSIMを発行するをタップ
20.続けるをタップ

21.SIMの有効化完了メールが届いたら、SIMカードをスマホに挿入 or eSIMの場合次へをタップし、eSIMの設定をタップ

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

MNPでpovoのeSIMを有効化させる手順

1.eSIMの場合のみ:QRコードをpovo 2.0回線を使いたいスマホのカメラで読み込む
2.eSIMの場合のみ:eSIMをアクティベートの画面が表示されたら、続けるをタップ

3.eSIMの場合のみ:再度続けるをタップ
4.povo 2.0のモバイル通信回線が利用可能になる

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

MNPでpovoのSIMカードを有効化する手順

今回はSIMフリーのAndroid端末で利用するための、開通手続きの進め方を解説します。

iPhoneとAndroidでは一部手順が異なるほか、新規契約の場合とMNPの場合でも手順が異なりますので、詳細はpovo 2.0公式サイトやスターターガイドをご参照ください。

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像

1.povo 2.0アプリでSIMカードの有効化を行う

まず、povo 2.0のスターターガイドのパンフレットのStep1に記載されている「SIMカードの有効化」を行います。

途中、SIMカードのバーコードのスキャンをカメラで求められる場合があります。

povo 2.0アプリを使ってSIMカードを有効化しますが、そのためにはWi-Fiや他のモバイル回線等の通信環境が必要です。

povo 2.0スターターガイドとSIMカードの写真

私の場合は、受付完了から1分間程度でpovoのSIMカードが有効になりました。

povo 2.0のSIMカード有効化完了の表示のスクリーンショット

povo 2.0SIMカード有効化の通知メールのスクリーンショット

受付から開通までの時間は、混雑度によって変動があるものと思われます。

2.スマホ端末にSIMカードの挿入

スマホのSIMカードを入れ替えるにはpovo 2.0付属のピンか、通常スマホ本体の購入時に付属していたピンか安全ピンなどが必要になります。

povo 2.0に付属していたSIMカードトレイオープン用のピンとスマホ端末の画像

ピンを用意したら、スマホ本体の電源をOFFにします。

その後、SIMカードのトレーの小さい穴をピンで強く押し込み、トレーを開きます。

次に、SIMカードをスマホのSIMカードのトレーの大きさに合わせて切り取ります。

手持ちのAndroid端末の場合一番小さい、nano-SIMでした。

povo 2.0のSIMカードを分解しnano SIMカードにした後の写真

次に、古いSIMカードをトレーから外し、切り取ったSIMカードをトレーに乗せて、スマホ本体に入れ、カチッとなるまでお仕込みます。

SIMカードトレイを取り出した写真

古いSIMカードは返送が必要な場合があるのでご注意ください。

3.通信の利用設定を行う

次に、スマホの電源をONにして、通信の利用設定を行います。

iPhoneの場合はQRコードをカメラ等で読み取りプロファイルを構成します。

Androidの場合は案内の指示に従って、手動で設定を入力します。

povo 2.0の通信設定の案内の画像

指示に従って設定が完了すると、モバイルデータ通信が利用可能になります。

途中で躓いてしまった場合や通信が利用可能にならない場合、povo 2.0アプリの「チャット」より、povoサポートのオペレーターにつながるチャット形式のサポートを受けることができます。

povo 2.0の契約者用サポートチャット画面のスクリーンショット

確認の為電話の発信と着信ができるかを確認するのが良いでしょう。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo回線利用のためのデータトッピングを購入する

povo 2.0の回線開通手続きが完了しても、データトッピングを購入していなければデータ通信速度は128kbpsの低速に制限されるため、ネットは快適には使えません。

ネットを快適に使うためにはデータトッピングの購入が必要です。

1.povo 2.0アプリを起動します。

povo 2.0のアプリ起動画面のスクリーンショット

2.チュートリアルが終わったらpovo 2.0アプリのトップ画面が表示されます。ギガ数が0.00GBとなっているので、データトッピングを選んでタップします。

povo 2.0アプリのホーム画面のスクリーンショット

povo 2.0アプリのデータトッピングのスクリーンショット

3.選んだトッピングの「購入」ボタンをタップします。クレジットカード情報はpovo 2.0契約時に入力してあるので即時決済されます。

povo 2.0アプリで選んだトッピングの「購入」ボタンをタップします。クレジットカード情報はpovo 2.0契約時に入力してあるので即時決済されます。の操作のスクリーンショット

4.購入が完了しましたと表示されるので「OK」ボタンを押してデータトッピングの購入完了です。

povo 2.0アプリで購入が完了しましたと表示されるので「OK」ボタンを押してデータトッピングの購入完了です。の操作のスクリーンショット

データ通信容量が追加され、快適な通信が可能になりました。

povo 2.0アプリのホーム画面のスクリーンショット

念の為ネットでデータ通信を使ってみて、正常に通信がされるか確認してみるのが良いでしょう。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoに申し込む際に必要なものは?

povoの申込みの際には、以下の3点を用意する必要があります。

  1. 本人確認書類(運転免許証・運転経歴証明書・マイナンバーカード・在留カードのいずれか1点)
  2. クレジットカード情報
  3. povoで利用を予定しているSIMフリーになっているスマホ端末

上記3点が用意されていない場合は、povoに申込みができないため、注意が必要です。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

auやpovoでは他社から持ち込んだスマホ機種の動作保証はしていない

povo、auでは基本的に、ソフトバンクやドコモなど他社で販売されていたスマホ端末をpovoに持ち込む際の動作保証は行っておりません。

そのため、万が一povoに移行した際にスマホ端末で動作に問題があった場合でもサポートを受けることはできません。

povoではSIMフリーのスマホを含め対応端末が発表されていますが、それらはpovoで独自に検証した結果であり、対応端末に含まれている端末であれば動作する可能性が高いですが、あくまで他社からの持ち込みは自己責任となっています。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

ソフトバンクからpovoに乗り換える場合に注意点はある?

ソフトバンクで発行されたメールアドレス(キャリアメール)が有料になる

povoに移行すると、ソフトバンクで利用していたメールアドレス(キャリアメール)の継続利用が有料になります。

また、povoでは現在auのメールアドレスの発行サービスも提供されていないため、メールアドレスはメールアドレスは有料のメールアドレス持ち運びサービスを利用するかGmailやiCloudメールなどのフリーメールを利用する形となります。

auショップでの申込みやサポートに対応していない

povoはKDDI(au)のサービスですが、全国に展開するauショップでの申込みやサポートには対応しておらず、窓口はオンラインに限定されます。

契約後のオプションなどの変更作業やスマホ端末が故障した場合の対応も窓口はオンライン限定となり、auショップでのサポートは行っていないため注意が必要です。

また、povoブランドの実店舗・ショップの展開予定もありません。

ソフトバンクの解約前にスマホ端末のSIMロック解除を忘れずに

ソフトバンクで購入したスマホ端末を、povoに持ち込んで利用したい場合は、ソフトバンクを解約する前に、必ずSIMロックの解除手続きが必要です。

My SoftBankや、全国のソフトバンクショップでお手続きが可能ですが、オンラインで完結し待ち時間の無い、My SoftBankでの手続きがスムーズです。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

ソフトバンクからLINEMOでなくpovoに乗り換えるメリット&デメリットは?

LINEMOでなくpovoを選ぶメリット

ソフトバンクからLINEMOでなくpovoに乗り換えるメリットとしては、

  • データ使い放題24時間(330円で24時間データ容量が使い放題になるトッピング)
  • 基本料0円で契約した上で複数のトッピングを自分で選択することができる

がいつでもトッピングし放題になる点が挙げられます。

povoはLINEMOには無い「データ使い放題24時間」トッピングが用意されており、スマホで高画質な動画を長時間見たい場合や、テザリングでPCでガッツリ仕事をしたい場合など、便利で柔軟な使い方ができます。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

LINEMOでなくpovoを選ぶデメリット

LINEMOには、LINEギガフリー機能がついており、LINEアプリでのメッセージ送受信や音声通話、ビデオ通話などLINEアプリの利用の大部分でデータ通信容量の消費がありません。

LINEアプリをよく使う方にとっては、同じデータ通信容量の20GB/月でトッピングした場合であっても、LINEMOのほうがデータ通信容量の消費が抑えられる可能性があります。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

この記事の情報更新履歴:

2023年10月30日:povoのワンストップ化の手順解説を詳細化

2023年6月16日:povoのワンストップ化対応によるMNP手順修正

本ページの情報は2023年10月30日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3273件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

povo 2.0の平均データ:105件の投稿データを見る
【Download速度】65Mbps
【Upload速度】37Mbps
【Ping】117ms
【Jitter】63ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ポスト」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>