楽天モバイルの通信障害の現在&リアルタイムは?過去の例や対策方法も解説のサムネイル画像

楽天モバイルの通信障害の現在&リアルタイムは?過去の例や対策方法も解説

#楽天モバイル

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

楽天モバイルの長期利用ユーザーが解説!

楽天モバイルのSIMカードパッケージの画像

全国の楽天モバイルユーザーの通信速度の平均データ

アプリポのネット回線スピードテストツール回線ポストへ全国各地の楽天モバイル回線ユーザーが、スピードテスト結果を投稿していています。

楽天モバイルの回線スピードの平均値を見ると、全国で安定した通信速度が出ていて通信障害やネット接続ができない事態が起こることは稀です。

楽天モバイルの平均データ:投稿数233件
【Download速度】63Mbps
【Upload速度】41Mbps
【Ping】45ms
【Jitter】26ms

楽天モバイルの回線スピード統計データ一覧を見る

楽天モバイルの通信障害が起きたらどうする?

楽天モバイルは、携帯キャリアでありながら通信料金が低いことで人気の回線です。

新規契約の場合、端末購入のキャンペーンで楽天ポイントが多くもらえるのも、乗り換える人が多い理由の一つでしょう。

ただ、携帯キャリアであればどこでも通信障害が起きることはあるので、対処法や障害情報を確認方法を知っておきたいところです。

そこで、当記事では、楽天モバイルと通信障害に関する以下の内容について解説します。

  • 楽天モバイルの通信障害を確認する方法
  • 現在&リアルタイムで確認できる方法はある?
  • 過去に楽天モバイルで起きた通信障害
  • 通信障害に向けて準備しておくこと
  • 楽天モバイルで通信障害になった時の対処方法
  • 通信障害以外で楽天モバイルの電波が悪くなる原因とは

楽天モバイルの通信障害を確認する方法

まず、楽天モバイルで通信障害が起こっているかを確認する方法について解説します。

結論、障害情報は、楽天モバイル公式サイトトップページ上部の「重要なお知らせ」から確認できます。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

また、発表される通信障害の発表内容は主に以下の項目です。

  • 発生日時
  • 影響地域
  • 影響
  • 原因

影響の部分では、主にどういった操作に障害が起きているのかが記載されています。

また、原因については、設備のメンテナンスなどの人的なものなのか、台風や大雨などの天災なのかなど、具体的な理由が記載されています。

ただし、実際に障害が起きてから公式が情報を発表するまでは若干のタイムラグがあることを理解しておく必要があります。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

現在&リアルタイムで確認できる方法はある?

では、現在の楽天モバイル通信障害の情報を確認する方法はあるのでしょうか。

結論、楽天モバイル使用者の意見をSNSで確認すれば、公式の情報ではないものの現状把握は可能です。

特にTwitterは文字のみで気軽に投稿できる特徴もあり、すぐに通信障害の情報を得るのに適しています。

「#楽天モバイル通信障害」のハッシュタグを調べると、投稿をしている人がかなりいる印象です。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

過去に楽天モバイルで起きた通信障害

次に、過去に楽天モバイルで起きた通信障害について解説します。

過去の通信障害情報は、<楽天モバイル公式サイト>障害情報のお知らせ で確認できます。

楽天モバイルでは、国内外の一部の地域のみでの通信障害がいくらか発表されています。

国内では、山口県や沖縄県の一部地域、海外では、ミャンマーやトンガです。

また、全国的に通信障害が起きた事例としては、2022年9月4日のネットワーク設備再起動があります。

その際は、午前10時58分ごろから午後1時26分ごろまでの2時間半近く、約130万回線に影響が出ました。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

通信障害に向けて対策しておくこと3選

将来楽天モバイルを使っていて、通信障害が起きた時のためにできる対策方法は、以下の3つです。

  • 自宅にWi-Fi設備を置いておく
  • 近くのWi-Fiスポットの位置を確認する
  • eSIMなどを使って楽天モバイル回線以外のデュアルSIMにする

自宅にWi-Fi設備を置いておく

対策方法1つ目は自宅にWi-Fi設備を置いておくことです。

楽天モバイルで通信障害が起こった場合、モバイルデータ通信や電話回線を用いた通話に不具合が出ます。

一方で、Wi-Fiには通信障害は起こらず、データ通信やデータ通信を用いた通話アプリでの通話が可能です。

そのため、光回線や楽天モバイル以外の回線を使用した置型Wi-Fiホームルーターなどの通信設備を自宅に置いておけば、連絡手段が途絶えることはないでしょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

近くのWi-Fiスポットの位置を確認する

対策方法2つ目は、近くのWi-Fiスポットの位置を確認することです。

自宅にWi-Fiがない場合や、出先で通信障害が起こった場合、インターネットに繋がらないどころか障害情報を閲覧することさえできません。

その場合、Wi-Fiの設備がある場所に向かい、接続してインターネットを使う必要があります。

いざ通信障害が起こった時でも困ることがないように、周辺でWi-Fiを利用できる場所を探しておきましょう。

ちなみに無料のWi-Fiは、以下の場所で使えることが多いです。

  • 大型、小型の店舗内
  • 公共交通機関やその施設
  • カフェ
  • ショッピングモール

また、Wi-Fiがあるかどうかは、そのスポットにあるフリーWi-Fiが使える表示か、Wi-Fiの設定画面で確認できます。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

eSIMなどを使って楽天モバイル回線以外のデュアルSIMにする

対策方法3つ目は、eSIMや2つのSIMカードを使って、楽天モバイル回線以外のデュアルSIMにすることです。

スマートフォンの中には、SIMカードのいらないeSIMに対応している端末や、SIMカードを2枚挿入することができる端末が存在します。

その場合、1つの端末で、異なる2つの回線を利用できるため、どちらか片方で通信障害が起こっても、もう片方で問題なく通信ができます。

デュアルSIMに対応している端末として、iPhoneを例に出すと以下の機種が対応しています。

  • iPhone14シリーズ
  • iPhone13シリーズ
  • iPhoneSE(第3世代)
  • iPhone12シリーズ
  • iPhoneSE(第2世代)
  • iPhone11シリーズ
  • iPhoneXSシリーズ
  • iPhoneXR

なお、iPhone13シリーズ以前はSIMカード+eSIMに、iPhone13シリーズ以降はデュアルeSIMにも対応しています。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルで通信障害になった時の対処方法3選

次に、実際に楽天モバイルで通信障害になった時の対処方法を以下の順に解説します。

  • スマホをWi-Fiに繋いで利用する
  • 電話番号へ発信できるサービスを利用する
  • 公衆電話や知人の携帯を借りる

スマホをWi-Fiに繋いで利用する

対処法1つ目は、スマホをWi-Fiに繋いで利用することです。

データ通信が途切れると、メッセージアプリでの知人との会話だけでなく、仕事の連絡や電話回線を用いた通話もできなくなります。

そのため、自宅にWi-Fiがある場合は接続、外出中の場合は近くのWi-Fiが使える場所に移動して、大事な人に連絡しておくようにしましょう。

電話番号へ発信できるサービスを利用する(Wi-Fi必須)

対処法2つ目は、電話番号へ発信できるサービスを利用することです。

例えば、メッセージアプリの連絡先を知らず、電話でやりとりしないといけない相手がいた場合、どうしたらいいか迷う人は多いでしょう。

ちなみに楽天モバイルの電話アプリである「Rakuten Link」は、電話回線を利用しているわけではありませんが、Wi-Fiのみの接続の場合は使用できません。

ただし、LINEが提供している「LINE Out」を使えば、Wi-Fi接続のみでも電話番号へ発信することができます。

仕事の連絡をどうしても電話でしないといけない場合は、LINE Outを使うのも1つの手です。

オンライン会議のツールを使うことも可能

仕事の関係であれば、普段オンライン会議ツールを使う方も多いでしょう。

ZOOMなどのオンライン会議ツールも、Wi-Fiのみの接続で使用可能なので、電話の代わりにできます。

例えば、メールで通信障害の旨を送り、オンライン会議ツールのリンクを送ってもいいかもしれません。

公衆電話や知人の携帯を借りる

対処法3つ目は、公衆電話や知人の携帯を借りることです。

Wi-Fiスポットが近くにない場合や、Wi-Fiがあっても警察や救急車などの緊急通報をする場合は、自身の携帯を使って連絡を取ることが不可能です。

理由として、LINE Outは110番や119番などの緊急通報には対応していないことがあります。

そのため、通信障害の際に緊急通報をする場合は、自分の携帯以外の連絡手段を使いましょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

通信障害以外で楽天モバイルの電波が悪くなる原因とは

最後に、通信障害以外で楽天モバイルの電波が悪くなる原因について解説していきます。

建物の中や地下で使用している

楽天モバイルの電波が悪くなる原因として考えられるのは、建物の中や地下で使用していることです。

楽天モバイルが政府から割り当てられている電波の周波数帯は1.8GHz帯のみとなっており、700~900MHz帯の低い周波数はありません。

この700~900MHz帯の周波数はプラチナバンドと呼ばれており、建物の中や地下にも回り込みやすい性質を持っています。

そのため、楽天モバイルを建物の奥まったところや地下で使用すると、電波がつながりにくくなることがあります

これに対し、楽天モバイルは総務省や他の大手キャリアに周波数の割り当てを提案したり、屋内の小型基地局を増やす活動を行っています。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルの通信障害情報は公式サイトで閲覧可能、リアルタイムの情報はSNSで確認できる

楽天モバイルの通信障害に関して、確認できる方法や対処法などを解説しました。

楽天モバイルの公式サイトでは、通信障害が起きた理由や影響について簡潔にまとめられた情報を確認できます。

ただし、リアルタイムで影響を知りたい場合は、Twitterで#楽天モバイル通信障害のハッシュタグを調べるのがおすすめです。

通信障害が起こった時すぐに対応できるように、対策や対処法を頭に入れておきましょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルにプラチナバンドが導入予定

楽天モバイルからの発表で、2024年3月からプラチナバンド(800~900MHz)の運用を開始することが明らかになりました

先ほど開設したように、楽天モバイルでは建物の奥まったところや地下で使用すると、電波がつながりにくくなることがあります。

しかし、プラチナバンドの運用が開始されることでこういったデメリットが解消され、より快適に楽天モバイルを利用することができるようになります。

運用開始は2024年3月からの予定ですが、より早い導入が待たれます。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

この記事の情報更新履歴:

2023年11月8日:楽天モバイルの通信速度投稿データ平均値をリアルタイム表示できるように改善

本ページの情報は2023年11月8日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

楽天モバイルはiPhone 15の販売価格が4キャリアで最安!【PR】

  • 楽天モバイルの最強プランはギガ(データ容量)をどれだけ使っても最大3,278円(税込)。人口カバー率は99.9%!
  • 毎月のデータ利用量が1GBなら1,078円(税込)でさらに安くなる
  • Rakuten Linkからの電話発信なら何度&何分間長電話しても通話料が無料!

楽天モバイル公式サイトを見る

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3184件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

楽天モバイルの平均データ:233件の投稿データを見る
【Download速度】63Mbps
【Upload速度】41Mbps
【Ping】45ms
【Jitter】26ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ポスト」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

iPhoneが4キャリア最安。1円スマホも多数!
楽天モバイル公式サイトを見る