povo(ポヴォ)で損する人&得する人を解説のサムネイル画像

povo(ポヴォ)で損する人&得する人を解説

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0の長期利用ユーザーが解説!

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像
  • 私たちはpovo2.0のスタート直後から継続的にpovo2.0の回線を利用し、他社SIM回線も複数契約した上で使い勝手を比較・テストしながらサイト運営に取り組んでいます。通信速度を計測できるサービスも開発しました。運営会社

povo(ポヴォ)に乗り換えるのはお得

基本料金を0円で必要に応じて通話やデータ通信容量などをトッピングとして追加するプラン(povo2.0)が注目を集めています。

使い方次第では通信料金を0円に近づけることもできる画期的なプランということもあって、乗り換え先の候補として考える人も多いことでしょう。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povo2.0は基本料金0円で任意のデータトッピングを購入できる
  • povo2.0には通話オプションがトッピングできるが、家族間無料通話は無し
  • povoでは有料のキャリアメール持ち運びサービスが利用可能
  • 83GB以上の大容量のデータ容量が必要な人や店舗サポートは必要な人にはpovoは不向き

povo(ポヴォ)の特徴

まずはpovoの特徴をおさえておきましょう。

ゼロから自分に合った最適なプランを作り上げることができるというのがコンセプトです。

主な特徴は以下のとおりです。

基本料金が0円

povo最大の特徴の1つは基本料金が0円であること。

使い方次第で、0円かそれに近い運用が可能です。

トッピングで最適なプランができあがる

povoには従来の料金プランにあるような、決まったデータ通信容量や月額料金はありません。

ユーザーの用途に合わせて最適なトッピングを選んで、自分に合った料金プランを作り上げることができます。

auの高品質な回線が利用できる

povoではauの既存の料金プランと同じ品質の回線が利用できます。

格安SIMのように混雑時に速度が低下するという心配はありません。

端末の販売はなし

povoではスマホ端末の販売はしていません。

乗り換え時に合わせて端末を購入することはできないので、手持ちのスマホを使うかpovoに対応するSIMフリー端末などを購入してから乗り換える必要があります。

家族割等の割引はなし

povoはそもそも基本料金が0円なので、大手キャリアの既存の料金プランにある家族割やセット割のような割引はありません。

割引がなくてもリーズナブルな料金で利用できるのが特徴のプランです。

キャリアメールは提供していない

povoではキャリアメールの提供はされてません。

乗り換える際は、有料のキャリアメール持ち運びサービスを使用するか、別途Gmailなどの無料メールサービスのアドレスなどを用意しておく必要があります。

お得なキャンペーンは少ない

povoは基本料金が0円なので、契約獲得のためのお得なキャンペーンは抑えめです。

ahamoやLINEMOでは新規契約や乗り換えで10,000円相当のポイントがもらえるようなキャンペーンが頻繁に行われます。

しかし、povoでそれをやるとポイントだけもらって、1円も利用しないという人がたくさん現れそうなので、今後も期待できそうにありません。

povo(ポヴォ)に乗り換えて損する人は?

以上の特徴をふまえて、povoに乗り換えて損するのはどんな人なのかを見ていきましょう。

超大容量のデータ通信を利用する人

povoのデータトッピングは全部で次の6種類。

左からデータ通信容量、有効期間、価格です。

1GB 7日間 390円(税込)

3GB 30日間 990円(税込)

20GB 30日間 2,700円(税込)

60GB 90日間 6,490円(税込)

150GB 180日間 12,980円(税込)

データ使い放題 24時間 330円(税込)

小容量からかなりの大容量まで、データ通信容量無制限のプランを下回る価格で利用できます。

150GBのトッピング(1GBあたり約86.53円)を追加し続けるという前提で計算すると、月間で約83GBを超えるとauの「使い放題MAX」(7,238円(税込))のほうが安くなります。

継続的に毎月約83GBを超えるような超大容量のデータ通信を利用する人は、povoでは割高になります。

オンラインでの手続きが苦手な人

povoの申込等の手続きの受付はオンラインのみです。

ahamoのようなショップでの有償サポートもありませんので、オンライン手続きが苦手な人には難しいかもしれません。

乗り換えと同時に端末を買い換えたい人

povoではスマホ端末の販売を行っていません。

乗り換えと同時に端末を購入すると、端末代の大幅な値引きを受けられることがよくあります。

povoでは端末の購入自体ができないので、そのようなメリットはありません。

キャリアメールを無料で使い続けたい人

auからpovoに乗り換える場合でも、auのキャリアメールのアドレスを引き継ぐ場合には有料サービスを利用するしかありません。

キャリアメールを無料で使い続けたいという人は、povoへの乗り換えは諦めた方が良いでしょう。

既存の料金プランで割引が受けられる人

大手キャリアの既存の料金プランで割引の適用が受けられる場合は、povoに乗り換えないほうがいいかもしれません。

例えば、auの使い放題MAXでは、家族割プラス、auスマートバリュー、au PAY カードお支払い割をフルに活用すると合計2,310円(税込)の割引です。

7,238円(税込)が4,928円(税込)になります。

この場合、データ通信容量が約57GBを超えるとpovoよりも割安です。

キャンペーンを利用してポイントを貯めたい人

povoではahamoやLINEMOのような大量のポイントがもらえるようなキャンペーンはあまり期待できません。

ポイントをたくさん貯めたいという人には、ちょっと残念です。

しかし、それ以上に価格を抑える効果があるのであれば、乗り換える価値は十分にあります。

【まとめ】超大容量のデータ通信を利用する人は損する

以上をまとめると、超大容量のデータ通信を利用したい人はpovoに乗り換えると損するかもしれません。

既存の料金プランで割引が受けられない場合は約83GB、最大限に割引が受けられる場合は約57GBが分かれ目となります。

また、既存の料金プランのように手厚いサポートが欲しい人にはpovoは向きません。

povo(ポヴォ)に乗り換えて得する人は?

続いて、povoに乗り換えて得する人はどんな人なのかを見ていきましょう。

データ通信容量が小容量から大容量の人

povoのデータトッピングは全部で次の6種類。

左からデータ通信容量、有効期間、価格です。

1GB 7日間 390円(税込)

3GB 30日間 990円(税込)

20GB 30日間 2,700円(税込)

60GB 90日間 6,490円(税込)

150GB 180日間 12,980円(税込)

データ使い放題 24時間 330円(税込)

有効期間に注意して、データ消費が少ない人は小容量のトッピングを、データ消費が多い人は大容量のトッピングを利用すれば、料金はかなり抑えられてお得です。

例えば、毎月20GB程度を利用する人であれば、60GBのトッピングを選べば、1月あたりの料金は約2,163円(税込)となり、LINEMOの2,728円(税込)やahamoの2,970円(税込)よりも割安。

毎月75GB程度を使うのであれば、150GBのトッピングのトッピングを選べば、1月あたり約6,490円(税込)でauの使い放題MAXの7,238円(税込)よりも安く済みます。

休みの日などに映画をたくさん見るなど、特定の日に集中的にデータ通信をするのであれば、データ使い放題のトッピングを利用すれば、330円(税込)で24時間使い放題です。

ただし、データ通信の利用量にばらつきがある場合は、有効期間内に使い切れずに無駄になってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

店舗でのサポートやキャリアメールがいらない人

povoの手続きの受付はオンラインのみです。

店舗でのサポート等は一切ありません。

オンラインでの手続きに抵抗がない人にとっては、まったく問題はなくリーズナブルな価格で利用できてお得です。

同様にキャリアメールもGmailなどの無料メールサービスで代用できるので、なくても特に困るものではないでしょう。

既存の料金プランで割引が受けられない人

povoのプランは全体的に低価格に抑えられています。

そのため、既存の料金プランで家族割などの割引が受けられない人にとっては特にお得になります。

例えば、auのスマホミニプランで割引なしだと、最も安い1GBまでの利用でも3,465円(税込)、povoなら1GBだとわずか390円(税込)です。

大容量のデータ通信を行う人でも、月間83GBまでなら150GBのトッピング(1GBあたり約86.53円)を継続的に使えば約7,182円(税込)と、auの使い放題MAXの7,238円(税込)よりも割安になります。

【まとめ】多くの人にとってpovoはお得

データ通信容量という観点から判断すると、povoは特別な大容量の利用者以外にはお得な料金プランです。

通話トッピングも5分以内通話かけ放題が月額550円(税込)、通話かけ放題が月額1,650円(税込)とLINEMOと同額。

トッピングの選び方次第で、ahamoやLINEMOよりも割安になります。

例えば、データトッピング60GB(6,490円(税込))と5分以内通話かけ放題(月額550円(税込))を組み合わせて3ヶ月利用すれば、合計8,140円。

1ヶ月あたり20GB利用できて、5分以内のかけ放題が付いて約2,713円です。

同等の内容のサービスだと、ahamoが2,970円(税込)、LINEMOだとスマホプラン2,728円(税込)にと5分以内通話かけ放題550円を付けて合計3,278円(税込)。

ahamoより257円、LINEMOより565円安くなります。

人によってはスマホの利用頻度が毎月同じとは限りませんので、利用状況に応じて柔軟に対応できるところがpovoのお得なところです。

この記事の情報更新履歴:

2023年6月15日:auのプラン名・プラン内容を修正

本ページの情報は2023年7月30日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)