povo(ポヴォ)2.0で故障したらサポートは?iPhone&スマホが破損&故障した時は?のサムネイル画像

povo(ポヴォ)2.0で故障したらサポートは?iPhone&スマホが破損&故障した時は?

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0の長期利用ユーザーが解説!

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像

povo 2.0でスマホが故障したらサポートはある?

KDDI(au)によるオンライン専用ブランド「povo 2.0」は、2.0へのアップデートによりオールトッピング方式で基本料金0円が注目を集めており、格安で高品質なau回線を利用できることから人気です。

povo 2.0の契約を検討しているけれど、スマホやiPhoneがもし故障した場合、修理対応やサポートはあるのか気になる方も多いと思います。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povo2.0ではスマホ故障サポートトッピングが用意されている
  • povo2.0にMNPしても、転出元キャリアで加入していた保証サービスが継続できる場合がある

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0のセット端末には故障した場合の補償サービスが用意されている

結論から言うと、povo 2.0ではサポートトッピングとして「スマホ故障サポート」が用意されています。

「スマホ故障サポート」は別途追加月額費用を支払うことで、povo 2.0へ持ち込んだスマホ端末の故障時に、代わりのスマホ端末を届けてもらえるサービスとなります。

送付されるスマホ端末は以下のような条件で決まりますが、月額料金に加えて、数千円〜1万数千円程度の「交換時負担金額」がスマホの交換時にかかる点も特徴の一つです。

  • 故障したスマホ端末をpovoへ送付する必要がある(送付しない場合違約金がかかる)
  • iPhoneの場合持ち込んだiPhoneと同一の機種の新品同等品(色や機種の用意が無い場合は別の機種・カラーとなる可能性もある)を送付してもらえる
  • Androidの場合auやUQモバイルで購入した機種の場合は、購入した機種と同一の機種の新品同等品(色や機種の用意が無い場合は別の機種・カラーとなる可能性もある)を送付してもらえ、それ以外の場合は指定のAndroid端末を送付してもらえる

届いたスマホ端末は新品同等のリフレッシュ品となっており、届いたスマホ端末を一定期間経過後に返却する必要はありません。

補償の有無に関わらずまずはデータの自動バックアップを設定しよう

スマホ故障に備える前提として、

  • スマホ端末が故障することに備えて、データをiCloudやGoogleのアカウント同期等で常に最新のデータをバックアップする

使い方をすることで、もしもの故障時にデータを失ってしまう心配をなくすことができます。

<Apple公式サイト>iCloud で iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法

<Google公式サイト>Android デバイスのデータをバックアップ、復元する

その上でスマホ端末が故障した場合は、

  • povo 2.0の「スマホ故障サポート」加入済みだった場合はサービスを利用して端末を交換する
  • 自分でpovo対応機種に含まれるSIMフリースマホ端末へ買い替えを行う
  • 修理サービスを提供している店舗等へ持ち込み、有償で修理をしてもらう
  • povoへ乗り換え後も有効な一部の他社携帯電話会社やApple等の端末保証サービスを使って無償や低価格で修理をしてもらう

といった対処法が考えられます。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

飛び込みや郵送でのiPhoneの修理を受け付けている「ダイワンテレコム」や「アイサポ」といった修理サービスを利用することで、保障対象外でも修理を有償で受けることができます。

ダイワンテレコムのサイトを見る

アイサポのサイトを見る

自分のスマホ端末の補償や保証の必要性について考える

スマホ端末の補償は必要なのか?を考える際は、以下のような条件に当てはまるかどうかで考えるのが良いでしょう。

  • 2万円台など低価格なスマホ端末のため、壊れたら買い換えれば良い場合
  • 買い替えのためのお金が準備してあるので、壊れてもあまり経済的ダメージを受けない場合
  • 今までスマホを壊したり落として割ったりしたことがほとんど無い場合

といった場合は、スマホ端末の補償・保証サービスの必要性は低く、無理に他社の提供する保証を付けた場合、月額維持費が上がってしまいます。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

一方で、

  • 10万円以上の高額なスマホ端末なので、壊れたら経済的・心理的ショックが大きい場合
  • 長期の分割払いで購入したスマホ端末なので、壊れたら分割払い残債だけが残って経済的ダメージが大きい場合
  • よくスマホを落としたり壊したりする場合

といった場合は、スマホ端末の補償サービスへの加入している状態を維持したほうが良さそうです。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0に乗り換えるとアップルケアや端末補償サービスはどうなる?

povo 2.0に他社から乗り換えた場合、ドコモからプラン変更した場合に携帯キャリアの提供する端末補償サービスや、アップルの提供するアップルケア+はどうなるのか解説します。

ドコモの「ケータイ補償サービス」の場合

ドコモの「ケータイ補償サービス」はドコモを解約した後も、ケータイ補償サービスの継続契約(支払いが必要)が可能です。

ドコモ回線解約時および他社への携帯電話番号ポータビリティ(MNP)時に引き続きケータイ補償サービスをご契約になれます(dアカウントもしくはビジネスdアカウントのご利用が必要となります)。

引用元:<NTTドコモ公式サイト>ケータイ補償サービスを解約する場合→ご注意事項

auの「故障紛失サポート」の場合

auの「故障紛失サポート」はauからpovo 2.0へ移行した場合解約となってしまいます。

au契約またはpovo1.0契約の解約および一時休止をもって「故障紛失サポート」は自動的に解約となります。

引用元:<au公式サイト>故障紛失サポート→ご注意

ソフトバンクの保証サービスの場合

ソフトバンクの保証サービスの場合、

  • 2021年7月14日以降に購入した「あんしん保証パックサービス」に加入したソフトバンクのスマホ端末の場合、povo 2.0へ乗り換えても保証が継続される
  • それ以外の端末保証オプションはpovo 2.0へ乗り換えの場合解約となる

<ソフトバンク公式サイト>安心保証パックサービス

UQモバイルの「故障紛失サポート」の場合

UQモバイルで「故障紛失サポート」の場合もpovo 2.0への移行時に自動的に解約となります。

<UQモバイル公式サイト>故障紛失サポート

ワイモバイルの「故障あんしんパックプラス」の場合

ワイモバイルの「故障あんしんパックプラス」も、ワイモバイルからpovo 2.0への乗り換え時に自動的に解約となります。

<ワイモバイル公式サイト>故障安心パックプラス

楽天モバイルの補償サービスの場合

楽天モバイルはiPhoneとAndroidで補償サービスが異なりますが、

iPhone向けの「故障紛失保証 with AppleCare Services」の場合、povo 2.0への乗り換えや解約後も「故障紛失保証 with AppleCare Services」自体を解約しなければ補償が継続されます。

<楽天モバイル公式サイト>故障紛失保証 with AppleCare Services

Android端末向けの「スマホ交換保証プラス」の場合、povo 2.0への乗り換えや解約後も「スマホ交換保証プラス」自体を解約しなければ請求と補償が継続されます。

<楽天モバイル公式サイト>スマホ交換保証プラス(お申し込み方法・ご利用方法)

Apple StoreやApple公式サイトでApple Care+を契約している場合

Apple StoreやApple公式サイト等、携帯電話会社以外の窓口でSIMフリーiPhoneを購入した場合に、Apple Care+を契約した場合は、携帯電話会社に紐付いた契約ではないため、povo 2.0へ乗り換え後も契約が継続されます。

携帯電話会社でApple Care+を契約した場合

ドコモで「Apple Care+ for iPhone/AppleCare+ 盗難・紛失プラン」を契約した場合、ドコモからpovo 2.0への乗り換えを行った場合は自動的に解約となります。

<NTTドコモ公式サイト>AppleCare+ for iPhone/AppleCare+ 盗難・紛失プラン

auで「故障紛失サポート with AppleCare Services」を契約した場合、povo 2.0への移行時もプランが継続されます。

<au公式サイト>故障紛失サポート with AppleCare Services

ソフトバンクで2021年7月14日以降に「あんしん保証パック with AppleCare Services」を契約した場合、povo 2.0に乗り換えても「あんしん保証パック with AppleCare Services」自体は解約とならずに補償が継続されます。(手動で解約することもできます)

それ以前の場合は解約となります。

<ソフトバンク公式サイト>あんしん保証パック with AppleCare Services

その他の補償サービスの場合

他の格安SIMサービスの端末補償サービスをご契約中の場合、または上記に無い名前の旧タイプの大手携帯電話会社の端末補償サービスをご契約中の場合は、それぞれ解約時に端末補償が継続されるか?条件が異なりますので、解約前に必ずご確認ください。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoへ乗り換え時に今の補償が解約される場合「モバイル保険」への加入もおすすめ

povoへの乗り換え時に今の携帯電話会社の補償サービスが自動解約となってしまう場合も多いですが、

  • 10万円以上の高額なスマホ端末なので、壊れたら経済的・心理的ショックが大きい場合
  • 長期の分割払いで購入したスマホ端末なので、壊れたら分割払い残債だけが残って経済的ダメージが大きい場合
  • よくスマホを落としたり壊したりする場合

といった場合は、民間の保険会社が提供する「モバイル保険」もおすすめです。

「モバイル保険」は月額700円で、年間最大10万円までの補償を受けることができる独立系のコストパフォーマンスの高い保険サービスです。

加入には一定の条件がありますが、アップルや携帯電話会社が提供する補償サービスよりもコストパフォーマンスに優れています。

モバイル保険のサイトを見る

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0を契約中ですでにスマホが故障してしまった場合はどうすれば?

povo 2.0を契約中でありながら、補償サービスが無い状態でスマホを故障させてしまった場合は、

  • メーカーの保証期間内の場合はメーカーに連絡し交換や修理を行ってもらう
  • メーカーの保証期間外の場合はスマホやiPhoneの修理を受け付けている店舗や郵送修理サービスへ持ち込む

等の対応が考えられます。

また、povo 2.0への乗り換えを検討しているが、スマホ故障時には修理を実費で行いたい場合にも、上記の対応が可能です。

ここでは、飛び込みでの郵送修理や店頭での持ち込み修理を受け付けているiPhone専門の修理店を紹介します。

iPhone修理専門の郵送修理ができる「ダイワンテレコム」

ダイワンテレコムは全国で約50店舗(2023年6月現在)を展開しているiPhone修理店です。

全国で郵送修理も受け付けており、低価格で確実な修理サービスを提供しています。

ダイワンテレコムのサイトを見る

iPhone修理専門の郵送修理ができる「アイサポ」

アイサポは全国で約300店舗(2023年6月現在)を展開しているiPhone修理店です。

全国で郵送修理も受け付けており、低価格で確実な修理サービスを提供しています。

アイサポのサイトを見る

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
\povoは月額基本料0円/
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

この記事の情報更新履歴:

2023年6月13日:アイサポ店舗数を修正

本ページの情報は2023年7月29日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3273件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

povo 2.0の平均データ:105件の投稿データを見る
【Download速度】65Mbps
【Upload速度】37Mbps
【Ping】117ms
【Jitter】63ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ポスト」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>