auのpovo(ポヴォ)を使うデメリット&メリットは?のサムネイル画像

auのpovo(ポヴォ)を使うデメリット&メリットは?

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0の長期利用ユーザーが解説!

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像
  • 私たちはpovo2.0のスタート直後から継続的にpovo2.0の回線を利用し、他社SIM回線も複数契約した上で使い勝手を比較・テストしながらサイト運営に取り組んでいます。通信速度を計測できるサービスも開発しました。運営会社

auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」を使いたい

povoは基本料0円で契約できユーザーの利用用途に合わせてデータ容量や通話料をトッピングすることができる柔軟なプラン設計から広く注目を集めています。

また、NTTドコモの新料金プラン「ahamo」や、ソフトバンクの「LINEMO」を強く意識した同価格帯・類似スペックのブランドとなっています。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povoの申し込みはオンラインのみで店舗や電話窓口でのサポートは行っていない
  • 通話トッピングは550円(税込)で5分以内かけ放題と1,650円(税込)/月で24時間かけ放題の2種類が提供されている
  • povoはau回線を使用しており高品質のキャリア回線を利用できる

povo(ポヴォ)を使うデメリットはある?

auの新料金プラン、povoは、2021年3月23日に提供開始されました。

<KDDI公式サイト>povo、3月23日から提供開始

auやソフトバンクやドコモの今のプランからpovoに変更すれば、大容量のプランを格安料金で使用できるため、povoにすればメリットだけで、デメリットが無いじゃないか?という声も聞こえてきそうです。

当記事では、povoを使うデメリットは存在するのか?解説いたします。

1.オンライン限定のサービスでauショップでの申込みやサポートは不可

povoを使うデメリットとしては、auショップでの取り扱い・申込みやサポートは一切行わず、WebやLINEを起点としたオンライン限定のサービス提供となる点です。

用紙などでの申込みや、端末の操作方法などを対面でサポートしてもらえるauショップでのサービスは受けることができません。

povoはのWeb上で申込み、契約後の手続きやサポートを承る予定となっています。

電話でのサポートも基本的には用意されていないようです。

とは言っても、筆者などはキャリアショップにもう数年以上通っていないため、デジタル世代にとっては大きなデメリットと言えないかもしれません。

2.ahamoにある5分間までの通話料無料がない

povoには、競合プランにあるahamoにはある5分間までの通話料無料サービスが付帯していない点が特徴です。

もし5分間までの通話無料サービスが必要な場合は、550円(税込)のトッピングを行う必要があります。

若い世代は電話を使わない割合が増加しており、電話をほとんどしないユーザーにとって、通話プランの550円(税込)のトッピングをしなくても済むので逆にメリットとなりそうです。

povo(ポヴォ)を使うメリットは?

1.必要なデータ容量を選択可能、24時間限定データ使い放題オプションも低価格

povoは基本料0円で契約できユーザーの利用用途に合わせてデータ容量や通話料をトッピングすることができる点が魅力です。

トッピングしたデータ容量を超過したとしても、24時間データ使い放題オプションが330円(税込)で追加可能なので、データ使用量の増減に柔軟に対応できる点が魅力となりそうです。

2.5分間通話かけ放題オプションが月額550円(税込)で追加可能

1回の通話につき5分間までの通話が無料になるかけ放題オプションが、月額550円(税込)で追加可能です。

オプションを契約しない場合や、5分間を超える通話においては、30秒ごとに22円(税込)の通話料がかかります。

3.安心のau回線が使える

povoは、auの回線を使用しているため、通信の品質が高く、安心できる点が魅力となりそうです。

4.5Gが利用可能に

2021年9月からは、povoでも5Gが利用可能になりました。

まだ一部の地域のみの対応ですが、高速なデータ通信を快適に利用できそうですね。

povo(ポヴォ)の公式動画

povo(ポヴォ)の公式動画はYouTubeで公開されています。

本ページの情報は2023年8月1日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)