Nothing Phone (2a)はデュアルSIMに対応。nano-SIMスロットに2枚挿し。のサムネイル画像

Nothing Phone (2a)はデュアルSIMに対応。nano-SIMスロットに2枚挿し。

#Nothing Phone

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

Nothing Phone (2a)はデュアルSIMで回線を利用できる?

Nothing Phone (2a)は日本国内向けのFelicaに対応し、日本市場での販売促進をさらに重視したモデルとなりました。

画像引用元:Nothing Phone (2a)公式サイト

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • Nothing Phone (2a)ではnano-SIMを2枚同時挿入が可能でデュアルSIM化できる
  • eSIMには非対応なので2回線とも物理SIMカードでモバイル回線を契約する必要がある
  • Nothing Phone (2a)は日本国内の大手4キャリアの4G/5Gバンドにバランスよく対応

IIJmioでNothing Phoneを
一括24,800円で発売>

Nothing Phoneを
Amazonが正規販売中>

Nothing Phone (2a)は物理SIMスロット×2でデュアルSIMにできる

Nothing Phone (2a)には、nano-SIMサイズの物理SIMカードスロットが2枚分用意されています。

    Nothing Phone (2a)に2枚のnano-SIMカードを挿入することで、デュアルSIMでモバイル回線を利用できます。

    • nano-SIMカード

    切り取ったラインモのSIMカードの写真

    nano-SIMカード以外にも、nano-SIMサイズに切り出して使うことができるU-SIMカードもNothing Phone (2a)で利用可能です。

    • U-SIMカード(ユニバーサルSIM)の場合は最も小さいnano-SIMサイズに切り出す

    ラインモのSIMカードとSIMカードのトレー、ピンの写真

    IIJmioでNothing Phoneを
    一括24,800円で発売>

    Nothing Phoneを
    Amazonが正規販売中>

    Nothing Phone (2a)はeSIMを利用してデュアルSIM化できない

    Nothing Phone (2a)は2024年発売のスマホとしては珍しく、eSIMでのモバイル回線の利用に非対応です。

    画像引用元:Nothing Phone (2a)公式サイト

    eSIMに対応しているスマホであれば、メイン回線をSIMカードで契約していて、デュアルSIM用のサブ回線はeSIMで手軽に契約して設定を済ませられ便利です。

    Nothing Phone (2a)はeSIMに対応していないため、モバイル回線の契約時にはSIMカードの配送を選ぶ必要があります。

    • すでにeSIMで契約してしまっているモバイル回線を使いたい場合は、SIMカードの再発行を依頼しましょう。

    Nothing Phone (2a)の対応バンドは、日本国内の大手4キャリアの4G/5Gバンドにバランスよく対応しています。

    IIJmioでNothing Phoneを
    一括24,800円で発売>

    Nothing Phoneを
    Amazonが正規販売中>

    Nothing Phone (2a)のスペック&特長

    Nothing Phone (2a)の主なスペック

    Nothing Phone (2a)の製品裏面画像画像引用元:Nothing公式サイト

    Nothing Phone (2a)の主なスペックは以下となります。

    項目 対応スペック
    カラーバリエーション ブラック、ミルクの2色
    SSDストレージ 128GB/256GBから選択
    メモリ 8GB/12GBから選択
    CPU/th> MediaTek Dimensity 7200 Pro、クロック周波数最大2.8GHz/8コア
    ディスプレイサイズ 6.7インチ
    ディスプレイ解像度 2412px x 1084px(394PPI)
    リフレッシュレート 最大120Hz
    メインカメラ 5,000 万画素/F1.88/1/1.56"/OIS & EIS/オートフォーカス対応
    ビデオ撮影 4K撮影時30fps、1080p撮影時60fps、1080p撮影時120fps(スローモーション)
    SIM方式 Nano-SIM2スロットでデュアルSIM対応/eSIMには非対応
    対応バンド(国内) 5G(Sub6): n1, n3, n28,n41, n77, n78
    4G LTE:1, 3, 8,18, 19, 26, 28,41,42
    3G UMTS (WCDMA): bands 1,6,8,19
    2G GSM : 850/900
    重量 190g
    サイズ 高さ161.74mm x 幅76.32mm x 厚さ8.55mm
    バッテリー容量 5,000mAh

    IIJmioでNothing Phoneを
    一括24,800円で発売>

    Nothing Phoneを
    Amazonが正規販売中>

    本ページの情報は2024年5月12日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

    ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

    測定データ投稿数3216件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

    Profile

    この記事の執筆者

    長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

    「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ポスト」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

    郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

    About

    アプリポについて

    アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

    • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
    • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
    • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
    • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

    Company

    サイト運営会社概要

    株式会社七変化のコーポレートロゴ

    私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

    会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
    法人番号 4100001034520
    代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
    会社設立 2021年8月10日
    個人事業としての創業 2015年7月
    事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
    本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
    資本金 100万円
    株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
    問い合わせ先 お問い合わせフォーム
    メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
    電話連絡先:070-8490-6724
    ※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。