LINEMO(ラインモ)で通話料は?5分以上の場合は高い?のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)で通話料は?5分以上の場合は高い?

#LINEMO(ラインモ)

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

LINEMOの長期利用ユーザーが解説!

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内

LINEMO(ラインモ)で通話料はどうなる?

ソフトバンクのLINEMOは、月間データ容量3GBで月額料金が990円(税込)と格安の「ミニプラン」も提供している大手携帯電話会社としては格安のオンライン専用通信サービスです。

今回の記事では以下の点を解説しています。

  • LINEMOの通話料は他と比べて高いのか?
  • LINEMOで1回5分間までの通話が無料になるキャンペーンについて知りたい
  • LINEMOで通話料が定額になるオプションはあるのか?

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

LINEMO

LINEMO(ラインモ)で通話料は従量課金になるが他社と同水準

結論から言うと、LINEMOでは30秒ごとに22円(税込)の通話料が掛かる従量課金の仕組みとなっています。

LINEMOで長い電話をついついしてしまった場合、高額な通話料がかかる可能性があるため、注意が必要です。

月間合計20分間の通話を行った場合、月間あたり880円(税込)の通話料がかかる計算になります。

この30秒ごとに22円(税込)という料金は、ドコモやau、ソフトバンク、楽天モバイルといった他の大手携帯電話会社の従量課金の通話料と同水準で、特別高いわけではありません。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

通話オプション割引キャンペーン2で「通話準定額」が7か月間無料に

現在LINEMOでは、LINEMO契約から7か月間5分以内の国内通話定額オプション「通話準定額」が無料になるキャンペーンを開催中です

「通話定額」は無料にはなりませんが、本来月額(税込)1,650円のところ1,100円で利用できます。

キャンペーンの適用条件としては、受付期間内にLINEMOを新規または他社からの乗り換えで契約することで、スマホプランでもミニプランでもどちらでも適用されます。

キャンペーンの終了日は今のところ未定ですが、LINEMOの契約を検討中でキャンペーンを利用したい人は早めの契約がおすすめです。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

LINEMOの通話料は、スマホプラン・ミニプランのどちらも30秒につき税込22円に設定されています。

そのため、約5分程度の通話をした場合はだいたい220円程度の通話料がかかります。

スマホで通話をよくする人は、「うっかり長電話をしてしまって、通話料が高額になってしまった」ということにならないように、「通話準定額」オプションに入っておくと安心でしょう。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

通話オプションに入っている状態で5分以上通話した場合の通話料

LINEMOには2種類の通話オプションが用意されていて、通話オプションの割引キャンペーンも開催中です。

それぞれの通話オプションを利用した場合と、キャンペーン適用時&終了後に通話料はどうなるのか解説します。

LINEMO(ラインモ)には2種類の通話オプションが用意されている

LINEMOの通話オプションには、5分以内の国内通話が無料になる「通話準定額」と、国内通話がかけ放題になる「通話定額」の2種類あります。

それぞれの料金は以下の通りです。

  • 通話準定額…月額(税込)550円
  • 通話定額…月額(税込)1,650円

通話準定額を契約している場合、5分以内の通話なら無料ですが、それ以降は30秒ごとに22円かかります。

通話定額はかけ放題なので、5分以上かけても通話料は無料です。

5分以内の短い電話を何度かかけるという人は通話準定額を、5分以上の長い電話をかけることがある人は通話定額を契約すると良いでしょう。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

LINEMO(ラインモ)契約から7か月経過後の通話料はどうなる?

通話オプション割引キャンペーン2は、LINEMO契約から7か月が経過すると特典終了となります。

特典終了後に「通話準定額」を継続しない場合は、通話30秒につき22円かかります。

そのため、5分程度の電話を月に3回以上かけるという人は、引き続き月額550円を支払って「通話準定額」のオプションをつけておいたほうがお得です。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

ドコモのahamoは1回5分間までの通話料定額が含まれる

ドコモが提供するahamoは、月額2,970円(税込)※機種代金別途と、LINEMOの月額2,728円(税込)の料金に比べるとやや高いですが、1回5分間までの通話料が何度でも無料になる機能が最初からついています。※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

LINEMOで同様のオプションに入ると、通常料金が月額3,278円(税込)となり、ahamoよりやや割高になります。

auのPovoや、ソフトバンクのLINEMOは5分間までの通話料無料オプションを追加すると、ahamoよりも料金が高くなるため、短めの電話を頻繁にかける人にとっては、ahamoのコストパフォーマンスが高いです。

ahamoを新規契約や乗換ならセットスマホが最大44,000円割引キャンペーン!
ahamo
公式サイトを見る>
※月額料金の記載は機種代金別途。ahamoセットスマホ購入でのpt還元額や対象条件はスマホの機種ごとに異なります。

LINEMO(ラインモ)での通話はLINEやSkypeなどの無料通話アプリを活用するとお得

LINEMOで友達や家族と長い通話をしたい場合は、どれだけ話してもデータ通信量しか消費しないLINEやSkypeなどの無料通話アプリを活用したほうがお得になります。

LINEやSkypeはメッセージ機能のほか、通話機能に加え、ビデオ通話にも対応しており、家族や友だちの顔を見ながら楽しく通話ができ便利です。

特にLINEMOでは、LINEの音声通話やビデオ通話のデータ通信量をギガとしてカウントしない機能がついており、LINEアプリでコミュニケーションをよく取る方にとってお得なサービスとなっています。

LINE

LINE

LINE Corporation無料posted withアプリーチ

Skype - 無料のチャットとビデオ通話

Skype – 無料のチャットとビデオ通話

Skype Communications S.a.r.l無料posted withアプリーチ

LINEMO(ラインモ)で家族通話は無料になる?

LINEMOは家族割の対象外となるため、LINEMOからソフトバンクの家族に電話を発信する場合も、ソフトバンクの家族からLINEMOに発信する場合も、従量課金で通話料がかかります。

今まで家族割で通話料割引を受けていた人にとっては、不便な点の一つとなりそうです。

対策としては、家族間の通話はLINEやSkypeなどの無料通話アプリを利用するか、通話料が定額になるオプションに入る等の対策が必要です。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

この記事の情報更新履歴:

2023年7月24日:LINEMOの開催キャンペーン内容を修正

2023年7月6日:LINEMOの開催キャンペーン内容を修正

本ページの情報は2024年2月9日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3184件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

LINEMOのスペックと速度まとめ

LINEMOのスペックと料金は?
使用回線✔:ソフトバンクと同一回線の4G/5Gが利用できる
提供会社✔:ソフトバンクが直接提供
プラン料金✔:月間3GBのミニプランで月額990円(税込)、月間20GBのスマホプランで月額2,728円(税込)
初期費用✔:事務手数料もSIM送料もすべて無料、契約期間縛りもなし!
LINE特典✔:LINE通話やビデオ通話でギガ消費なし
回線速度実測値:67件の投稿データを見る
【Download速度】76Mbps
【Upload速度】36Mbps
【Ping】33ms
【Jitter】12ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ポスト」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!

LINEMO
公式サイトを見る>