LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点を解説のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点を解説

#LINEMO(ラインモ)

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

LINEMOの長期利用ユーザーが解説!

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内

LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合は?

3GB990円(税込)のミニプランが好評のLINEMOは、LINEを中心にスマホを使っている若年層に特に人気で契約者数を伸ばしてきました。

そこで気になるのは、LINEMOは中古スマホでも使えるのか?対応しているのかということですよね。

今回の記事では以下の点を解説しています。

  • LINEMOで使いになりたい機種が対応機種に含まれているか確認が必要
  • LINEMOで持ち込んだスマホを使う時はSIMロックを確認
  • SIMロック解除は各社3,300円で可能

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

LINEMO

LINEMO(ラインモ)で対応している端末・機種を中古で用意する

LINEMOで使う中古スマホ端末を選ぶ際に気をつけなければいけないこと。

それはまず、その端末がLINEMOの対応機種に含まれていることです。

LINEMOでは、ソフトバンクだけでなく、ドコモやau等の多くの機種で動作確認を行っています。

まずはお使いになりたい機種が、対応機種に含まれているかどうかを確認しましょう。

ただし、これらの対応機種はLINEMOが一定の条件下で動作確認を行っただけで、動作の保証までしてくれるものではないことに注意が必要です。

LINEMOの動作確認機種はLINEMO公式サイトで確認できます。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

中古iPhoneならにこスマ!伊藤忠商事グループ企業で安心!【PR】

にこスマのサイトを見る

ハピネスネットのサイトを見る

LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使う場合の注意点

SIMロックが掛かっている場合はSIMロック解除を事前にしておく

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で購入した端末はSIMロック解除が必要です。

ドコモでSIMロック解除する場合は、オンラインで手続きすれば無料ですが、電話やドコモショップで行った場合3,300円(税込)の手数料がかかるので多少面倒でもオンラインをおすすめします。

auでSIMロック解除する場合も同様にオンラインのMy auで手続きすれば無料で、ショップでの手続きは3,300円(税込)の手数料が必要です。

ソフトバンクでSIMロック解除する場合はMy SoftBankからの手続きは無料、ショップで行う場合は3,300円(税込)の手数料が必要です。

現在では中古で購入したスマホにSIMロックが掛かっていた場合でも、各携帯電話会社の店舗やオンラインで手続きをすることで解除することができるようになりました。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

Androidスマホはソフトバンク販売の端末がおすすめ

Android端末は販売元のキャリアに応じた周波数に対応するように設計されていることが多いため、SIMロック解除をして他社で使えるようになってももともとの周波数と異なる回線で使用した場合電波が弱くなる可能性があります。

LINEMOはソフトバンク回線と同様の電波を使っているため、ソフトバンクで購入した端末の方が相性が良いのです。

なおiPhoneでは同じような事象は起こらず、キャリア問わずに使用することができます。

中古スマホの「赤ロム」に注意

中古スマホを購入する時は、見た目の状態や充電器などの付属品をチェックすることが必要ですが、最も気を付けなければならないのはネットワーク利用制限がかけられていないかどうかです。

制限がかけられているスマホは「赤ロム」と呼ばれ、SIMを差しても使うことができません。

赤ロムになる原因としては前の持ち主が端末の分割金を滞納している場合が多く、購入時は問題なく使えても途中で支払いが滞った場合、ある日急に使えなくなっている可能性もあります。

買取の際にきちんとチェックをしたり赤ロム補償がついている店舗であれば安心ですが、フリマなどの個人取引の際は十分に注意し、購入前に必ず確認しておきましょう。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

LINEMO(ラインモ)で中古スマホを購入するおすすめショップは?

新品であればキャリアショップやAppleストアで購入できますが、安心して使える中古スマホはどこで手に入れたらよいのでしょうか。

ここから保証や商品の信頼度が高いショップをご紹介いたします。

中古スマホをLINEMOで使用しようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

にこスマ


【PR】

伊藤忠商事グループの「にこスマ」は、豊富な在庫からお好みの中古スマホを見つけることができるショップです。

赤ロムの端末は販売しておらず、SIMフリーの端末のみ販売しています。

商品の写真も見やすく、外観のチェックもしやすくなっているので安心です。

1年間の返品保証も付いていて、メールや電話でのサポート体制も手厚く行っています。

中古iPhoneならにこスマ!伊藤忠商事グループ企業で安心!【PR】

にこスマのサイトを見る

エコたんPREMIUM ONLINE

携帯電話ショップへの中古スマホの販売供給も取り扱う上場企業日本テレホンが運営するオンライン中古スマホショップ「エコたんPREMIUM ONLINE」は、最新〜格安までiPhoneやAndroidスマートフォンの品揃えが充実しています。

バッテリーの状態チェックや厳しい品質基準をクリアした中古スマホや未使用品スマホをお得にネット上で購入することができます。

厳しい品質基準をクリアした中古iPhoneやAndroidスマホを販売中!

エコたんPREMIUM ONLINEを見る

イオシス

iPhone、Androidスマホの他にタブレットやガラケー、MacBookも取り扱っているのが「イオシス」です。

東京や大阪に実店舗も構えているので、近くであれば実機を見てから購入することもできます。

購入後に赤ロムになってしまった場合でも全額返金または交換する永久保証が付いていて、保証期間を延長することもできます。

当日発送もできるので、急ぎでスマホが必要な時に便利です。

イオシスは豊富な在庫から選べる!

イオシスのサイトを見る

ハピネスネット

「ハピネスネット」はiPhone専用の中古スマホショップで、キャリア別、価格別など検索画面が探しやすいのが特徴です。

買取時のチェック項目を公開しているので、購入前の不安を取り除いてくれます。

クレジットカードの他に楽天PayやPayPayも使えるので、ポイントもついて表示価格以上にお得に購入することができます。

赤ロム永久保証や画面割れ、自然故障などの故障にも1年以内であれば全て対応してくれるので安心です。

ハピネスネットのサイトを見る

ダイワンテレコム

中古スマホ、タブレット、ガラケー、Apple Watchやヘッドホンと幅広い商品を扱っているのが「ダイワンテレコム」です。

購入だけでなく買取にも力を入れているので、使っていない端末があれば無料のオンライン査定を利用してみましょう。

中古商品に表示してあるランクの基準も分かりやすく解説してあり、商品の写真も充実しています。

赤ロムの端末も特別価格で販売しているので、Wi-Fi環境のみで使用する場合は問題ありませんがLINEMOでの使用を考えているならば購入は避けた方が良いでしょう。

中古スマホを賢く買うならダイワンテレコム!

ダイワンテレコムのサイトを見る

LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使う時はSIMロックに注意

LINEMOでは端末の販売は行っていませんが、お好きな方法で対応機種を選べば問題なく使うことができます。

iPhoneでは6s以降、Androidはメーカーとシリーズ細かく決まっているので公式ホームページのLINEMO対応機種一覧をチェックしましょう。

キャリア購入端末や中古スマホを購入する時は、SIMフリー端末を選ぶかSIMロック解除の手続きが必要です。

中古スマホの需要は年々高まりショップも増えてきているので、保証やサポートが充実した安心して購入できる店舗を選びましょう。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗換は対象外。出金や譲渡不可。PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用可。オンライン専用。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

本ページの情報は2024年2月8日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3171件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

LINEMOのスペックと速度まとめ

LINEMOのスペックと料金は?
使用回線✔:ソフトバンクと同一回線の4G/5Gが利用できる
提供会社✔:ソフトバンクが直接提供
プラン料金✔:月間3GBのミニプランで月額990円(税込)、月間20GBのスマホプランで月額2,728円(税込)
初期費用✔:事務手数料もSIM送料もすべて無料、契約期間縛りもなし!
LINE特典✔:LINE通話やビデオ通話でギガ消費なし
回線速度実測値:67件の投稿データを見る
【Download速度】76Mbps
【Upload速度】36Mbps
【Ping】33ms
【Jitter】12ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ポスト」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

5/31までに他社からLINEMOへ乗換で15,000円相当ポイント還元!

LINEMO
公式サイトを見る>