irumo(イルモ)のデメリットまとめ、ドコモの新プランの実力は?のサムネイル画像

irumo(イルモ)のデメリットまとめ、ドコモの新プランの実力は?

#irumo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

  • 「アプリポ」はスマホアプリやSIM回線&機種)に関する疑問に答えるサイトです。私たちは常時複数の格安SIM回線を実際に契約し、通信速度を計測できるサービスの開発など、専門的視点と消費者目線を両立した体制で運営しています。運営会社

irumo(イルモ)の提供が開始

ドコモで月額550円(税込)から利用できる選べる4プランの「irumo」が2023年7月に提供をスタートしました。

本記事では、ドコモの新プラン「irumo」について、メリットデメリットや、ドコモの他プランとの比較解説をしていきます。

  • irumoはOCNモバイルと入れ代わりでサービス提供される
  • 基本料金は550円(税込)から3,377円(税込)に分かれる
  • ドコモショップのサポートを受けられる
  • ドコモ光とのセット割を利用できる
  • みんなドコモ割のカウント対象になる
  • ただし割引がない場合基本料金が高い
  • ドコモのメールを利用するにはオプション料金がかかる
  • 0.5GBコースは通信速度が最大3Mbpsに制限される
  • ギガライトからirumoに変更するメリットは大きい
  • 10GB以上データを使いたいならahamoがいい
  • eximoはirumoと比べて料金がとても高い

irumoの料金プラン

irumoの基本料金や通話料、割引は以下のように設定されています。

  • 0.5GB:550円(税込)
  • 3GB:2,167円(税込)
  • 6GB:2,827円(税込)
  • 9GB:3,377円(税込)
  • 通話料金:22円(税込)/30秒

データプランは4種類から選ぶことができ、データをほとんど使わない人から程よく使う人までのさまざまな利用者に合わせて展開されています。

また、3GB以降のプランには、以下の2つの割引を適用させることが可能です。

  • dカードお支払い割:-187円(税込)
  • ドコモ光セット割/home 5G セット割:-1,100円(税込)

そのため、それぞれのデータ容量における割引後の料金はかなり下がります。

  • 3GB:880円(税込)
  • 6GB:1,540円(税込)
  • 9GB:2,090円(税込)

ただ、割引を適用できない場合は、少し割高の料金ともいえるので注意が必要です。

irumoはOCNモバイルONEの後継ブランド

また、irumoのサービス提供開始と時期を同じくして、ドコモとつながりのあったMVNOの「OCNモバイルONE」は新規受付を終了します。

なお、そのままOCNモバイルONEを使い続けることも可能ですので、移行するかどうかはプラン内容を見て決めましょう。

ちなみに、irumoは3GBコースの割引後の料金880円のみOCNモバイルONEよりもお得です。

また、OCNモバイルONEはMVNOなのに対して、irumoはMNOのため、通信の安定性はirumoに軍配が上がります。

さらに、irumoはドコモショップでのサポートが受けやすい点でも進化しています。

もし、現在OCNモバイルONEを契約している場合、料金の安さを重視したいならOCNモバイルONEのまま残しておき、通信の品質を上げたい、ショップでサポートを受けたいならばirumoを利用するのもいいでしょう。

ここからは、irumoのメリットデメリットについてまとめていきます。

irumoのメリット

irumoのメリットは料金の他にサポートや割引関連のメリットが多く見受けられます。

  • ドコモ回線でデータ容量の低いプランが契約できる
  • ドコモショップのサポートを受けられる
  • ドコモ光とのセット割を利用できる
  • みんなドコモ割のカウント対象になる

ドコモ回線でデータ容量の低い格安プランが契約できる

今までドコモ回線の格安ブランドはahamoのみでした。

ahamoのプランは最低でも20GBのデータ容量しか選べず、月額料金も2,970円(税込)と高いため、データをあまり使わない人にとっては選びづらくなっています。

ただ、今回のirumoの提供開始によって、最低0.5GBからドコモ回線の格安SIMが利用できるようになります。

また、ahamoのようにワンプランではなく、複数のプランから自分に合ったものを選べるようになります。

ドコモショップのサポートを受けられる

irumoの大きな特徴は、ドコモショップでのサポートが受けられるところです。

ただし、irumo利用者がショップでのサポートを受けるには原則料金がかかります。

サポート内容と料金は以下の通りです。

  • 初期設定サポート:2,200円(税込)/回
  • アプリ設定サポート:1,650円(税込)/回
  • フィルム貼り付けサポート:1,100円(税込)/回
  • 初期設定(OSアカウント):1,100円(税込)/回
  • その他設定サポート6種:各1,100円(税込)/回

ちなみに、前身のOCNモバイルONEの場合、契約こそドコモショップで行えたものの、サポートに関してはオンライン限定となっていました。

今回の新プランは、対面でサポートが必要という方にはぴったりの内容といえるでしょう。

ドコモ光とのセット割を利用できる

irumoは、ドコモのサブブランドでありながら、ドコモ光やhome5Gのセット割が利用できます。

割引額は月1,100円で、ドコモ光とirumoをセットで契約する限りずっと続きます。

また、家族でドコモ光やhome5Gを契約している場合は、すべてのirumo回線で割引が適用されます。

みんなドコモ割のカウント対象になる

irumoは、ドコモの家族割「みんなドコモ割」のカウント対象にできます。

みんなドコモ割は、ドコモ回線を利用している家族がいる場合、月額料金が最大1,100円(税込)割引されるサービスです。

家族にドコモ回線が2回線ある場合は550円、3回線以上ある場合は1,100円(税込)が毎月割引されます。

ただし、irumoの場合はカウント対象になるのみで、割引対象には含まれていないので注意しましょう。

irumoのデメリット

一方、irumoのデメリットは以下の通りです。

  • 割引がない場合基本料金が高い
  • ドコモのメールを利用するにはオプション料金がかかる
  • 0.5GBコースは通信速度が最大3Mbpsに制限される

割引がない場合基本料金が高い

irumoは割引が効いてこそ3GBが880円(税込)などで利用できますが、割引が効かない場合は他の格安SIMと比べて割高の料金になってしまいます。

特に、ドコモ光セット割/home 5G セット割の割引額は1,100円と大きく、必ず適用させておきたい割引です。

現在ドコモのギガプランを契約していて、すでにドコモ光などを利用している場合は、スムーズにお得な乗り換えができるでしょう。

一方、ドコモ光やhome5Gを契約していない場合はirumoをおすすめできません。

少ないデータ量でMNO回線を利用できるLINEMOやpovoなどを利用するのもいいでしょう。

ドコモのメールを利用するにはオプション料金がかかる

irumoはドコモ回線ではありますが、ドコモのキャリアメールを無料で引き続ぐことはできません。

irumoでドコモメールを利用したい場合は、「ドコモメールオプション」に契約する必要があります。

月額料金は330円(税込)かかるため、料金の負担が増えてしまうでしょう。

料金の支払いをしたくない場合は、GメールやYahooメール等のフリーメールの利用も考えましょう。

0.5GBコースは通信速度が最大3Mbpsに制限される

irumoの0.5GBコースは、他のプランに比べて制限が多くなります。

制限内容は以下の通りです。

  • 各種割引の対象外
  • 通信速度が最大3Mbpsに制限・通信制限速度は128kbps
  • 5G通信の対象外

0.5GBコースは本当に最低限のスマホ利用を考えたプランといえるでしょう。

日常的にスマホを利用する場合、契約するのは避けたほうが賢明です。

ギガライトからirumoに変更したときのメリットデメリット

irumoを契約するのに1番向いていると言ってもいいのが、ギガライトを利用中の方です。

ギガライトとirumoの割引後の料金を比較すると、そのメリットがよくわかります。

  • ギガライト割引後料金
    • ~1GB:2,178円(税込)
    • ~3GB:2,728円(税込)
    • ~5GB:3,278円(税込)
    • ~7GB:4,378円(税込)
  • irumo割引後料金
    • 0.5GB:550円(税込)
    • 3GB:880円(税込)
    • 6GB:1,540円(税込)
    • 9GB:2,090円(税込)

ドコモ光セット割とみんなドコモ割はどちらも適用対象なので、乗り換えたとしても料金や家族の割引にも影響がないでしょう。

また、ギガライトとirumoは同じ通信設備を利用しているため、通信品質やエリアは変わらない可能性が高いです。

さらに、通信制限時の速度はirumoの方が速くなるため、メリットが大きいといえます。

  • ギガライトの通信制限速度:128kbps
  • irumo通信制限速度(3GB~9GB):300kbps

一方、乗り換えの際には以下のようなデメリットも存在します。

  • irumoから発信するドコモ回線の家族通話は有料になる
  • ドコモメールの利用には月額料金がかかる
  • かけ放題オプション料金が上がる

ただ、これらのデメリットにおいては、以下のように考えて対策することも可能でしょう。

  • 通話の際にはLINEアプリなど無料のものを利用
  • フリーメールを利用する
  • 月額料金が下がるので、オプション料金が上がってもお得

ahamoからirumoに変更したときのメリットデメリット

また、ドコモのもう一つのサブブランドに「ahamo」がありますが、irumoの乗り換えるとなるとどのようなメリットやデメリットがあるのかについても解説します。

まず、月額料金を比較していきましょう。

  • ahamo基本料金
    • 20GB:2,970円(税込)
    • 100GB:4,950円(税込)
  • irumo基本・割引後料金
    • 0.5GB:550円(税込)・割引後550円(税込)
    • 3GB:2,167円(税込)・割引後880円(税込)
    • 6GB:2,827円(税込)・割引後1,540円(税込)
    • 9GB:3,377円(税込)・割引後2,090円(税込)

比較してみると、ahamoの月額料金の方が全体的に高額です。

ただし、データ容量1GBあたりの料金はahamoの方が安くなっています。

そのため、ahamoを利用しているけど月に9GBを超えたことがないなど、データ使用が少ない人が乗り換えるとメリットが生まれるでしょう。

ちなみに、irumoでデータ容量を追加する場合、1GB1,100円(税抜)と割高です。データを使い切りそうな場合は、節約して乗り切るか、通信制限のまま使い続けるのもいいでしょう。

一方、ahamoからirumoに乗り換える場合は、ahamoでの以下のメリットがなくなることにも注意です。

  • 5分以内国内通話かけ放題がなくなる
  • 海外ローミング無料がなくなる

irumoとeximoを比較すると?

最後に、irumoと同じくサービス提供を開始するeximoと比較します。

まず、月額料金はeximoの方がかなり高額となっています。

  • eximo基本料金・割引後料金
    • ~1GB:4,565円(税込)・割引後2,178円(税込)
    • ~3GB:5,665円(税込)・割引後3,278円(税込)
    • 無制限プラン:7,315円(税込)・割引後4,928円(税込)
  • irumo基本・割引後料金
    • 0.5GB:550円(税込)・割引後550円(税込)
    • 3GB:2,167円(税込)・割引後880円(税込)
    • 6GB:2,827円(税込)・割引後1,540円(税込)
    • 9GB:3,377円(税込)・割引後2,090円(税込)

ただ、eximoの最大の特徴は、ショップでの設定サポート料金が安く利用できることです。

eximoでは以下の設定サポートをいつでも無料で受けることができます。

  • 初期設定(OSアカウント)
  • 設定サポート(バックアップ)
  • 設定サポート(OSアップデート)
  • 設定サポート(スマホ初期化)
  • 設定サポート(容量オーバー解消)
  • 設定サポート(生体認証設定)
  • 設定サポート(ウェアラブル設定)

設定サポートが特に必要ないのであれば、irumoを選ぶといいでしょう。

irumoはドコモ回線で少ないデータ容量を安く使えるが割引適用の対象者でないと割高

irumoのメリットデメリットについて解説しました。

irumoは、ドコモのサブブランドでこれまでなかった10GB以下の少容量データプランを格安で利用できます。

ただし、ドコモ光やhome5Gを利用してセット割を効かせていないと、高いままの基本料金気利用することになるので注意が必要です。

また、もともとギガライトを利用していた方が乗り換えるとメリットが大きいです。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

本ページの情報は2023年8月10日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

irumoの平均データ:45件の投稿データを見る
【Download速度】82Mbps
【Upload速度】65Mbps
【Ping】36ms
【Jitter】16ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)