irumo(イルモ)はプラチナバンドが使える?バンド(周波数帯&電波帯)一覧は?のサムネイル画像

irumo(イルモ)はプラチナバンドが使える?バンド(周波数帯&電波帯)一覧は?

#irumo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

  • 「アプリポ」はスマホアプリやSIM回線&機種)に関する疑問に答えるサイトです。私たちは常時複数の格安SIM回線を実際に契約し、通信速度を計測できるサービスの開発など、専門的視点と消費者目線を両立した体制で運営しています。運営会社

irumo(イルモ)の対応バンドはドコモと同じ?

ドコモで月額550円(税込)から利用できる選べる4プランの「irumo」が2023年7月に提供をスタートしました。

この記事では以下のトピックについて解説します。

  • irumoはドコモの料金プランなので4G(LTE)や5Gの対応バンドはドコモの他のプランと同じ
  • irumoはドコモの4Gプラチナバンドに対応し電波がつながりやすい
  • irumo(ドコモ)のバンドが持ち込み予定のスマホ端末と適合するか?の確認方法

irumoの4G/5G対応バンドはドコモと共通

irumoはドコモが提供する料金プランのであり、通信回線インフラの提供もドコモが直接行っています。

そのため、他のドコモの5G対応プラン(ahamoやeximo、5Gギガホプレミアや5Gギガライト等)と対応バンドは共通となります。

irumoの5GバンドはSub6とミリ波に分けられ、4Gバンドにはプラチナバンドと呼ばれる電波が地方や山間部でも隅々まで届きやすいBand19が含まれます。

irumoの4G回線(LTE)の対応バンド一覧

ahamoの4G回線(LTE)の対応バンドは以下となります。

  • Band 1
  • Band 3
  • Band 19 ※プラチナバンド
  • Band 21
  • Band 28
  • Band 42

上記バンドのうち、irumo=ドコモ回線の4G(LTE)回線で特に広く使われているバンド(周波数帯)はBand 1、Band 3、Band 19であり、この3つのバンドに対応していることがirumoで使う端末にとって重要となります。

田園や山林の広がる地方での利用を主に考えている場合は、特にプラチナバンドであるBand 19に対応していることは重要です。

irumoの5G回線の対応バンド一覧

irumoは5G通信に対応しています。

iurmoの5G回線の対応バンドは以下となります。

  • n78(Sub6)
  • n79(Sub6)
  • n257(ミリ波)

irumo(ドコモ)の5G回線ではSub6の面的な整備が進行しており、ミリ波は限定的なエリアでの整備にとどまっています。

そのため、現時点ではSub6のn78とn79への対応が広域エリアで5Gで通信を行う際の重要なポイントとなります。

  • iPhone14やiPhone SE(第3世代)といった2022年に発売されたiPhoneにおいても、日本国内モデルは各携帯キャリアのミリ波には対応していません

n77はn78を含む関係になっている

irumoはドコモ回線を利用しているので5GのSub6のバンドはn78とn79です。

ソフトバンクや楽天モバイルの5Gで使われるn77というバンドがありますが、ドコモやauで使われているn78というバンドを含む形となっており、n77に対応している端末であればもれなくn78に対応しています。

しかし、n78のみに対応している端末はn77には対応していません。

国内で販売されているiPhoneは対応バンドを気にする必要がない

iPhoneはSIMフリー版や大手携帯キャリアなど各社から発売されていますが、どこの販売窓口で購入しても国内で正規販売されたものであれば、他社に持ち込んでも対応バンドが不適合なことはありません。

日本国内版のiPhoneは国内大手4社(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル)のバンドに適合するように開発されており、他社へ乗り換えた場合でもバンド(周波数帯)を意識する必要はありません。

  • 他社で購入したiPhoneをirumoに持ち込んだ場合でも、問題なく通信ができバンド(周波数帯)に適合します

irumoに対応するiPhoneは2014年に発売されたiPhone 6以降の各機種となり、現在出回っているほとんどのiPhoneが該当します。

ドコモ以外で購入したAndroid端末は対応バンドのチェックが必要

ドコモで販売されている5G対応のAndroidスマホ端末は全機種irumoでも利用できます。

ドコモで販売されている4G対応のAndroidスマホ端末は、以下のPDFに掲載のある機種であればirumoの通信が問題なく使えます。

<irumo公式サイト>4G 対応機種一覧(ドコモ製品

ドコモ以外の各社携帯電話会社からAndroidスマホ端末を購入した場合は、

  • 購入したスマホ端末が購入元の携帯電話会社のバンドに適合するように作られており、irumoを含むドコモのバンド(周波数帯)に適合しない

ことがあります。

その場合、irumoにスマホ端末を持ち込んだ場合、一部の周波数帯にしか対応していないせいで、本来のドコモ回線の品質を享受できない場合や、通信が不安定になってしまう場合があり、注意が必要です。

ドコモ以外で購入したスマホ端末をirumoに持ち込む予定がある場合は、

  • 各社携帯電話会社による対応バンド一覧表などの資料を確認
  • 「スマホ端末型番」+「携帯電話会社名」+「バンド」(→例:AQUOS wish au版 バンド)等で検索して対応バンドを調べる

等の確認が必要です。

各社携帯電話会社による販売端末の対応バンド情報

※楽天モバイルは各機種詳細ページの「スペック詳細を見る」より確認可能です。

本ページの情報は2023年8月10日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

irumoの平均データ:45件の投稿データを見る
【Download速度】82Mbps
【Upload速度】65Mbps
【Ping】36ms
【Jitter】16ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)