iPhone SE(第1世代)はiOS16に対応?2016年発売の端末はアップデートできるのか?のサムネイル画像

iPhone SE(第1世代)はiOS16に対応?2016年発売の端末はアップデートできるのか?

#iPhone機種

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

2016年発売のiPhoneSE(第1世代)はiOS16に対応している?

2022年の秋ごろに、iOS16が提供されることが発表されました。

iOSを使っている人にとって、新機能が追加されるアップデートは朗報といえます。

ですが一方で、対応していない機種が出てくることも事実です。

そこで、当記事では、iPhoneSE(第1世代)が iOS16 に対応しているかに関する、以下の事柄について解説します。

  • iPhoneSE(第1世代)は iOS16 に対応していない
  • アップデートせずにそのまま使い続けられる?
  • スペックの面でも買い換えた方がメリットが多い
  • お得にiPhoneを買い換える方法

iPhoneSE(第1世代)は iOS16 に対応していない

結論、iPhoneSE(第1世代) はiOS16に対応していません。

そのため、iOS16のアップデート以降は、iPhoneSE(第1世代)を正常に使えない可能性があります。

ちなみに、iPhoneSE(第1世代)と同年に発売されたiPhone7 / 7PlusもiOS16のサポート対象外となりました。

アップデートせずにそのまま使い続けられる?

では、サポート対象外のiPhoneSE(第1世代)でも、アップデートをせずにそのまま使い続けられるのでしょうか。

結論として、端末自体は使えますが、以下のような問題が起きます。

  • セキュリティ面が弱くなる
  • アプリが正常に動作しない、使えない可能性がある
  • 写真が撮れないなどの端末不具合

セキュリティ面が弱くなる

問題点1つ目は、セキュリティ面が弱くなるところです。

OSをアップデートをせずに端末を使ってしまうと、サポートされているOSの範囲から外れてしまいます。

そのため、セキュリティの脆弱性が出現しても、修正されることがありません。

なので、もしインターネット上でショッピングをする際や、スマートフォン決済アプリを使う場合、重要な個人情報が盗まれてしまう危険性があります。

アプリが正常に動作しない、使えない可能性がある

問題点2つ目は、アプリが正常に動作しない、使えない可能性があることです。

そもそも、アプリというのはOSに合わせて開発されているので、OSをアップデートしないとLINEなど普段使っているアプリが正常に動作しないことがあります。

皆さんも、アプリストアの詳細の中にiOS〇〇以上という記載を見たことがあるでしょう。

その意味は、記載されているバージョン以下のOSの場合、アプリが要求している条件を満たしていないということです。

写真が撮れないなどの端末不具合

そのほかにも、以下のような多くの端末不具合が発生します。

  • 時間がずれる
  • 写真が撮れなくなる
  • バッテリーの消費が速くなる
  • 突然画面が動かなくなる
  • 画面のタップに反応しなくなる

上記を見ればわかるように、普段の生活で発生すると支障をきたす項目ばかりです。

そのため、アップデートできないiPhoneSE(第1世代)を普段使いで使用している場合は、機種の買い替えをおすすめします。

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

スペックの面でも買い換えた方がメリットが多い

また、iPhoneSE(第1世代)は2021年発売のiPhoneに比べてスペックも劣っているので、買い換えることによるメリットも大きいでしょう。

スペックの違いは、主に以下の点で顕著です。

  • iPhone13 の6世代前のCPU
  • カメラ性能
  • 防水性能

CPUは、スマートフォンの中の頭脳にあたり、以下の特徴に関わってきます。

  • 動作のスムーズさ
  • 消費電力の少なさ
  • 複雑な処理の負担の少なさ

つまり、iPhoneSE(第1世代)をiPhone13と比べると、動作、消費電力、処理能力などの重要な部分において、6世代分の差があるわけです。

また、カメラにおいては、レンズが一つ少なく、広角の撮影などがしにくくなっています。

さらに、防水性能がなく、水に対して非常に弱くなっています。

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

お得にiPhoneを買い換える方法

最後に、お得にiPhoneを買い換える方法について、以下のようにお伝えします。

  • 乗り換えのキャンペーンを利用してiPhoneを買い換える
  • 機種変更のプログラムを利用する

乗り換えのキャンペーンを利用

方法1つ目は、乗り換えのキャンペーンを利用することです。

ここでは、利用できるおすすめのキャンペーンがある格安SIMを一覧で紹介します。

  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • ワイモバイル

楽天モバイル

楽天モバイルでは、対象のプランをMNPで初めて申し込むと、楽天ポイントが最大22,000円相当還元されるキャンペーンが開催されています。

対象のiPhoneは以下の通りです。

  • iPhone15 Pro max
  • iPhone15 Pro 
  • iPhone15 Plus
  • iPhone15
  • iPhone14 Pro max
  • iPhone14 Pro 
  • iPhone14 Plus
  • iPhone14
  • iPhoneSE(第3世代)
  • iPhone13

また、それぞれの端末で還元されるポイントは以下の通りです。

  • 対象のiPhone購入&初めてのプラン申し込み&他者から乗り換えで12,000ポイント
  • 楽天モバイル買い替え超トクプログラムで対象のiPhone購入&スマホ下取りプログラムで対象のiPhone下取り成立で5,000ポイント
  • 対象のiPhone購入&iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xを下取りの場合5,000ポイント

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムとは、端末購入を楽天カードで48回払いをすることで加入できる、オプション料金無料のプログラムです。

そのため、5,000ポイントをもらうためには、年会費無料の楽天カードの加入が必要になります。

そもそも、楽天モバイルを使うには、楽天会員の無料登録が必要になるので、そこも理解しておきましょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

UQモバイル

UQモバイルでは、オンラインショップで乗り換えをすると最大10,000円相当のauPAY残高還元が受けられます。

乗り換えにおける残高還元の詳細は以下の通りです。

  • UQモバイルにMNPでSIM/eSIMのみの申し込み+増量オプションⅡ契約で10,000円相当還元、UQモバイルにMNPでSIM/eSIMのみの申し込みで6,000円

増量オプションは、それぞれのプランで使用できるデータ量を増量できるオプションです。

月額料金は550円かかりますが、7年間の無料キャンペーンが適用でき、解約の条件もないので実質料金はかかりません。

他社からSIMのみで乗換で最大26,000円相当のポイント還元キャンペーン中!UQモバイル
公式オンラインショップ>
※SIMのみ乗り換え特典+au PAYカード特典+auでんき特典の3特典の合計額。

ワイモバイル

ワイモバイルでは、乗り換えで最大15,000円相当のPayPayポイントがもらえます。

乗り換えの場合の還元額の詳細は以下の通りです。

  • シンプル2M/LプランにMNPで申し込み:5,000ポイント
  • 契約期間中にPayPay決済で買い物でキャッシュバック:10,000ポイント(利用額により最大20%還元)

ワイモバイルの場合、オプション加入の必要はありません。

SIMのみ契約で一括20,000円相当のPayPayギフトカードを贈呈!
ワイモバイル
オンラインショップ>

条件:他社から乗り換えでシンプル2M/Lでデータ増量オプションに加入の場合

機種変更のプログラムを利用する

方法2つ目は、各携帯会社の機種変更プログラムを利用することです。

先ほど楽天モバイルのキャンペーン条件で解説した楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムなど、以下のような機種変更のプログラムが存在します。

  • ドコモ:いつでもカエドキプログラム
  • au:アップグレードプログラム
  • ソフトバンク:新トクするサポート
  • 楽天モバイル:楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

もし、現在契約している回線で、こういったプログラムに加入している場合、新しいiPhoneに乗り換える際に利用するのもいいでしょう。

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

iPhoneSE(第1世代)はiOS16に非対応、アップデートはできない

iPhoneSE(第1世代)が iOS16 に対応しているかや、お得に機種変更する方法について解説しました。

iPhoneSE(第1世代)が iOS16 に対応しておらず、アップデートすることはできません。

アップデートをしないと、端末を使ううえで、さまざまな支障が出てきます。

ですので、乗り換えのキャンペーンや機種変更プログラムを利用して、新しいiPhoneに買い替えるといいでしょう。

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

この記事の情報更新履歴:

2023年11月28日:楽天モバイル・UQモバイル・ワイモバイルの開催キャンペーンを更新、UQモバイル・ワイモバイルの料金プランを更新

本ページの情報は2023年11月28日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3447件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

モバイル回線プランのデータ容量(GB)に関するアンケート

▼UQモバイル/ワイモバイル/ahamo/irumo/LINEMO/povoのうちどれかを契約の場合は以下から選択

【格安】契約中のプランのデータ容量(GB)と不足 or 足りているを選択

みんなの人気度を見る

Loading ... Loading ...

▼ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルのうちどれかを契約の場合は以下から選択

【キャリア】契約中のプランのデータ容量(GB)と不足 or 足りているを選択

みんなの人気度を見る

Loading ... Loading ...

アンケート結果は投票数や割合データなど、個人を一切特定できない情報のみ弊社が運営するメディア事業で活用する場合があります点をご了承ください。

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

iPhone 15は楽天モバイルが4キャリア最安【PR】

楽天モバイルでiPhone 15を見る