iPhone 14 Proの画面サイズは何インチ?縦横比率(アスペクト比)は?【購入してみた】のサムネイル画像

iPhone 14 Proの画面サイズは何インチ?縦横比率(アスペクト比)は?【購入してみた】

#iPhone機種

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

  • 「アプリポ」はスマホアプリやSIM回線&機種)に関する疑問に答えるサイトです。私たちは常時複数の格安SIM回線を実際に契約し、通信速度を計測できるサービスの開発など、専門的視点と消費者目線を両立した体制で運営しています。運営会社

iPhone 14 Proの画面サイズは大型?フルスクリーン化が進む

2022年9月に発売された「iPhone 14 Pro」は、ノッチ型ディスプレイが廃止され、ダイナミックアイランドと呼ばれるセンサーやカメラ部分がディスプレイ内の島のように動作する機能が搭載され、さらに画面領域が拡大しました。

当記事では、iPhone 14 Proの画面サイズの大きさや表示領域の割合、また購入者が普段使いしてみて気になる点やメリットにはどのようなものがあるのか?解説します。

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

iPhone 14 Proの画面サイズは6.1インチでアスペクト比は2.17:1

iPhone 14 Proの画面サイズは約6.1インチでアスペクト比は2.17:1の縦長のディスプレイです。

iPhone 14 Proの表面の写真

2022年秋発売の4モデルのうち、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのみ、ダイナミックアイランドを採用し表示領域がフルスクリーンにより近づきました。

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

画面解像度は2796×1290ピクセルと、iPhone 13 Proと比べてもさらに高精細化が進んでいて、目を凝らさないとpxを意識することができないくらい滑らかな画面や映像がシームレスに表示されます。

iPhone 14 Proの画面サイズは6.1インチで、アスペクト比は2.17:1と縦長です。

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

iPhone 14 Proは高い性能が凝縮されたスマートフォン

iPhone 14 Proの画面サイズの6.1インチは、大手他社のAndroidスマートフォンの高性能機種と比較すると、ひとまわり小さいサイズ感です。

iPhone 14 Proのとなりに画面サイズが6.3インチのGoogle Pixel 7を並べてみると、Google Pixel 7のほうが少しだけ大画面なことがわかります。

↓iPhone 14 ProとGoogle Pixel 7の画面を並べてみた画像

Google Pixel 7とiPhone 14 Proの写真

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

iPhone 14 Proのディスプレイサイズを他のiPhoneと比較

iPhone 14 Proのディスプレイサイズを近年発売の他のiPhone各機種と比較すると以下のようになります。

2022年発売モデル

  • iPhone 14 Pro:6.1インチディスプレイ / アスペクト比2.17:1/ 解像度2556×1179ピクセル
  • iPhone 14 Pro Max:6.7インチディスプレイ/ アスペクト比2.17:1/ 解像度2796×1290ピクセル
  • iPhone 14:6.1インチディスプレイ/ アスペクト比2.16:1 / 解像度2532×1170ピクセル
  • iPhone 14 Plus:6.7インチディスプレイ/ アスペクト比2.16:1/ 解像度2778×1284ピクセル
  • iPhone SE(第3世代):4.7インチディスプレイ/ アスペクト比1.78:1/ 解像度1334×750ピクセル

2021年発売モデル

  • iPhone 13 mini:5.4インチ/ アスペクト比2.17:1/ 解像度2340×1080ピクセル
  • iPhone 13:6.1インチ/ アスペクト比2.16:1/ 解像度2532×1170ピクセル
  • iPhone 13 Pro:6.1インチ/ アスペクト比2.16:1/ 解像度2532×1170ピクセル
  • iPhone 13 Pro Max:6.7インチ/ アスペクト比2.16:1/ 解像度2778×1284ピクセル

過去発売モデルの一部

  • iPhone 11:6.1インチ/ アスペクト比2.16:1/ 解像度1792×828ピクセル
  • iPhone 8:4.7インチ/ アスペクト比1.78:1/ 解像度1334×750ピクセル

ノッチやダイナミックアイランドを採用したフルスクリーン型の大型iPhoneは数年以上前から6インチ以上の画面サイズになっており、画面サイズは大きくはなっていませんが、画面解像度が徐々に高精細になってきています。

iPhone 14 ProとiPhone SE(第2世代)の写真

日本国内でも高い人気を誇るホームボタンを採用したiPhone SEシリーズ(第3世代/第2世代)は、画面サイズが4.7インチ程度と小さくアスペクト比も1.78:1と縦横の比率の差が少ないです。

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

iPhone 11からiPhone 14 Proにアップグレードしたユーザーの体感は?

筆者は2022年9月のiPhone 14/iPhone 14 Proシリーズの発売に合わせて、2019年発売のiPhone 11からiPhone 14 Proに買い替えました。

体感では画質の向上よりも、CPU性能とリフレッシュレートの向上による、画面が自分の指の操作に合わせて反応し、なめらかに動作する感覚に違いを感じました。

iPhone 11とiPhone 14 Proの画面サイズはどちらも6.1インチで画面のアスペクト比もほぼ同じです。

iPhone 14 Proの画面はiPhone 11と比べるとリフレッシュレートが最大60HZから120Hzにスペックアップしており、画面解像度も高精細になり、液晶から有機EL(OLED)へとディスプレイ発光方式が変わりました。

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

iPhone 14/iPhone 14 Proの特長とスペックは?

2022年9月にAppleはiPhone14/iPhone 14 Proシリーズを発表・発売しました。

iPhone 14/iPhone 14 Plusのスペックは?

iPhoneの最新スタンダードモデルであるiPhone 14シリーズとしては、iPhone 14と大型画面を採用したiPhone 14 Plusが発売されます。

  • カラー:ミッドナイト、パープル、スターライト、(PRODUCT)RED、ブルー、新色イエローの6色展開
  • 容量:128GB、256GB、512GBから選択
  • サイズ:iPhone 14は幅71.5mm高さ146.7mm厚み7.8mm、iPhone 14 Plusは幅78.1mm高さ160.8mm厚み7.8mm
  • 重さ:iPhone 14は172g、iPhone 14 Plusは203g
  • ディスプレイ:iPhone 14は6.1インチで2,532px × 1,170px、iPhone 14 Plusは6.7インチで2,778px x 1,284px
  • チップ:A15 Bionicチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU / 5コアGPU / 16コアNeural Engine
  • Face ID:搭載
  • Touch ID・ホームボタン:非搭載

iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxのスペックは?

より高スペックなiPhone 14 ProやiPhone 14 Pro Maxの主なスペックは以下の通りです。

  • カラー:スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープ・パープルの4色展開
  • 容量:128GB、256GB、512GB、1TBから選択
  • サイズ:iPhone 14 Proは幅71.5mm高さ147.5mm厚み7.85mm、iPhone 14 Pro Maxは幅77.6mm高さ160.7mm厚み7.85mm
  • 重さ:iPhone 14 Proは206g、iPhone 14 Pro Maxは240g
  • ディスプレイ:iPhone 14 Proは6.1インチで2,556px × 1,179px、iPhone 14 Pro Maxは6.7インチで2,796px x 1,290px
  • チップ:A16 Bionicチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU / 5コアGPU / 16コアNeural Engine
  • Face ID:搭載
  • Touch ID・ホームボタン:非搭載

最新のiPhone 15を買うならどこがお得?

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額が実質32,880円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

auOnlineShopお得割+スマホトクするプログラム
適用で実質負担額が総額32,820円〜

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合かつ、他社からMNP乗換かつオンラインショップでの申込の場合の実質負担額の最安料金を掲載。楽天モバイルは33,000円相当ポイント還元を含む実質総額表記。

本ページの情報は2023年3月27日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

iPhone 15は楽天モバイルが4キャリア最安【PR】

楽天モバイルでiPhone 15を見る