ドコモからpovoに乗り換えでSIMロック解除は必要?のサムネイル画像

ドコモからpovoに乗り換えでSIMロック解除は必要?

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0の長期利用ユーザーが解説!

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像
  • 私たちはpovo2.0のスタート直後から継続的にpovo2.0の回線を利用し、他社SIM回線も複数契約した上で使い勝手を比較・テストしながらサイト運営に取り組んでいます。通信速度を計測できるサービスも開発しました。運営会社

ドコモからahamoではなくpovoに乗り換えたい

「povo」は基本料0円で契約できユーザーの利用用途に合わせてデータ容量や通話料をトッピングすることができる柔軟なプラン設計から広く注目を集めています。

NTTドコモのahamoも同時期にサービスを開始していますが、こちらはプランが1つしかなくユーザーの利用用途に合わせたプランの選択ができないため、povoへの移行を検討している方もいるようです。

現在NTTドコモの既存プランを使っていて、ドコモのスマホ端末を持ち込みたいけれど、povoに移行する場合、SIMロック解除をしなくても持ち込めるのか?気になる方も多いと思います。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • ドコモで販売された端末をpovoで利用する場合はSIMロックを解除しておく必要がある
  • 他社で販売されたAndroid端末は電波が弱くなる可能性があるので注意が必要
  • povo2.0は基本料金0円で任意のデータトッピングを購入できる
  • povoの通話トッピングは550円(税込)で5分以内かけ放題と1,650円(税込)/月で24時間かけ放題の2種類が提供されている

ドコモからpovoに乗り換える際は必ずSIMロック解除を

結論から言うと、ドコモで購入したスマホ端末を持ち込む形で、ドコモからpovoに乗り換える際は必ずドコモ側でSIMロック解除の手続きが必要になります。

SIMフリー端末をドコモ以外で購入している場合や、一度SIMロック解除を行ったスマホ端末では、SIMロック解除の必要性はありません。

NTTドコモでのSIMロック解除方法については、以下のページに詳しく記載があります。

<ドコモ公式サイト>SIMロック解除

NTTドコモではMy docomo(オンライン)でのSIMロック解除と、ドコモショップに持ち込んでSIMロック解除に対応してもらう方法の2つがあります。

My docomoからSIMロック解除する方法は、待ち時間が無くショップ側に引き止められる心配もなく、手数料も無料になりスムーズです。

他社で販売されたAndroid端末はau回線で電波が弱くなる可能性が

au以外の他社で販売されたAndroidスマホをpovoで使いたい場合の大きな注意点としては、

au以外の他社で販売されているAndroid端末は、購入した携帯電話会社の電波周波数帯(バンド)を中心に対応していることが多く、povoの対応端末に含まれているAndroidスマホでpovo等のau回線に乗り換えた場合、「エリアが狭い」「電波が弱いことが多い」と感じる結果になってしまう可能性があります。

参考記事:<ケータイWatch>au・ソフトバンクスマホを「SIMロック解除」してドコモ系MVNOで使うには?~IIJが解説

なお、iPhoneの場合は同様の問題が発生しません。

au以外の他社で販売されたiPhoneであっても、auで販売されたiPhoneと通信性能や対応電波周波数帯(バンド)に違いは無いため、iPhoneは携帯電話会社間の持運びにおいて問題が発生しづらいです。

一度SIMロックを解除することにより携帯電話会社の縛りが無くなり自由に

一度NTTドコモ側でSIMロック解除の手続きを済ませてしまえば、NTTドコモからpovoに移行後、万が一他の携帯電話会社に移行することになっても、その際はSIMロックの解除などの手続きは不要となります。

SIMロック解除済みのスマホ端末はMNP手続きをするだけで、携帯電話会社を乗り換えることが可能になります。

また今後スマホ端末を買い換える時に、SIMフリー端末を選ぶことでSIMロック解除という作業が不要となります。

ドコモからahamoではなくpovoを選ぶメリットとデメリット

2021年3月より、NTTドコモでもオンライン専用料金プラン「ahamo」が提供開始されましたが、あえて他社であるauのpovoに乗り換えるメリットとデメリットを解説します。

ドコモからpovoにするメリット

ドコモからahamoではなく、povoに移行するメリットとしては、

  • 基本料0円で契約した上で複数のトッピングを自分で選択することができる
  • 同じデータ容量20GBで契約した場合、月額料金が2,700円(税込)と200円程度ahamoよりpovoのほうが安い(無料通話プランをトッピングする場合はpovoの方が300円ほど高くなる)
  • povoのトッピング「データ使い放題24時間」が330円(税込)で使えてテザリングもOKで便利

といった点が挙げられます。

「データ使い放題24時間」は出先でPCを使って仕事をする際のテザリングも使い放題の対象に含まれるため、大変リーズナブルなサービスと言えそうです。

ドコモからpovoにするデメリット

ドコモからahamoではなく、povoに移行するデメリットとしては、

  • ahamoには含まれる、「1回5分間までの通話料が何回でも無料」がオプションとなり、オプションを付けるとpovoのほうが割高

といった点が挙げられます。

ahamoは「1回5分間までの通話料が何回でも無料」で月額2,970円(税込)※機種代金別途※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ですが、povoで同様のオプションを追加すると月額3,250円(税込)となり300円程度割高となります。

短時間の通話はどうしても必要になる場面が生活で多い場合でpovoにすると、通話料の請求が以外と高くて気になるかもしれません。

ahamoを新規契約や乗換ならセットスマホが最大44,000円割引キャンペーン!
ahamo
公式サイトを見る>
※月額料金の記載は機種代金別途。ahamoセットスマホ購入でのpt還元額や対象条件はスマホの機種ごとに異なります。

本ページの情報は2023年12月23日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)