BingのAIチャット検索にはGPT-4が使われているのか?のサムネイル画像

BingのAIチャット検索にはGPT-4が使われているのか?

#コパイロット

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

  • 「アプリポ」はスマホアプリやSIM回線&機種)に関する疑問に答えるサイトです。私たちは常時複数の格安SIM回線を実際に契約し、通信速度を計測できるサービスの開発など、専門的視点と消費者目線を両立した体制で運営しています。運営会社

BingのAIチャット型検索エンジンはGPT-4が採用されている?

2023年8月現在、MicrosoftがOpen AIの技術で開発したチャット型検索機能「新しいBing」が話題になっています。

当記事では以下のトピックについて解説します。

  • 新しいBingのAIチャット検索はリリース当初からGPT-4を採用されていることをMicrosoftが公表している
  • OpenAIがGPT4以降の改善版をリリースするとBingのAIチャット検索にも反映されていく予定
  • 同じOpenAIの技術を使っているChatGPTは有料版利用者のみGPT4が使える

BingのAIチャット検索は当初からGPT-4を採用

新しいBingのAIチャット検索は、リリース当初からGPT-4を採用して動作していることを、Microsoftが公式ブログ「Microsoft Bing Blogs(英語)」上で2023年3月14日に公表しました。

<Microsoft公式サイト>Confirmed: the new Bing runs on OpenAI’s GPT-4

Microsoftによると、過去5週間前以降(2023年2月の前半頃〜)より新しいBingのプレビュー版のチャット型検索機能を利用できているユーザーに対しては、Bing検索用にカスタマイズされたGPT-4が動作していたことが明らかになりました。

新しい Bing が、検索用にカスタマイズした GPT-4 で実行されていることを確認できてうれしく思います。過去 5 週間に新しい Bing プレビューを使用したことがある方は、この強力なモデルの初期バージョンを既に体験済みです。

引用元:<Microsoft公式サイト>Confirmed: the new Bing runs on OpenAI’s GPT-4

BingのAIチャット検索は今後もOpenAIの最新技術が反映される

また、今後OpenAIがGPT-4以降のバージョンを開発した場合はBingのAIチャット型検索にも反映され、今後も最新のOpenAIの技術が利用できる方針であることを公表しています。

OpenAI が GPT-4 以降を更新すると、Bing はそれらの改善から恩恵を受けます。

引用元:<Microsoft公式サイト>Confirmed: the new Bing runs on OpenAI’s GPT-4

BingがOpenAIのGPT-4を利用している理由

GPT-4はAI開発の新興企業OpenAIが開発を進めている技術ですが、MicrosoftはOpenAIに対して出資を行っており、OpenAIは出資元のMicrosoftとの関係を深めています。

Microsoftは今後数年間で100億ドル(およそ1兆円以上)の資金をOpenAIに対して出資する予定を公表しています。

マイクロソフト、ChatGPTのオープンAIに複数年で100億ドル投資

OpenAIのサービスとして代表的なプロダクトとしてはChatGPTもありますが、出資元のMicrosoftが提供するBingのAIチャット検索に対してもOpenAIの技術が採用され続ける見込みです。

ChatGPTは無料版ではまだGPT-4が利用できない

OpenAIが直接提供するチャット型UIで対話や情報探索ができるサービスChatGPTでは、現時点では無料版ユーザーはGPT-4を利用することはできず、GPT-3.5が採用されています。

すべての Plus サブスクライバーにモデルを試す機会を与えるために、需要に基づいて GPT-4 の使用上限を動的に調整します。GPT-4 の詳細については、こちらをご覧ください。

このリリースでは、無料アカウントの更新はありません。

<ChatGPT公式サイト>リリースノート (3 月 14 日)

ChatGPTでGPT-4を利用するためには、ChatGPT Plusの月額有料サービスを利用する必要があり、無料でGPT-4を触ることはできません。

現時点ではGPT-4を一般的なユーザーが無料で利用しやすい公式サービスとしてはBingのAIチャット検索が代表的です。

この記事の情報更新履歴:

2023年8月14日:新しいBingの順番待ちリストを削除

本ページの情報は2023年8月14日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)