バルミューダのスマホ(BALMUDA Phone)はドコモからも発売される?購入できる?のサムネイル画像

バルミューダのスマホ(BALMUDA Phone)はドコモからも発売される?購入できる?

#その他Android機種

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

バルミューダフォン(BALMUDA Phone)がソフトバンクから発売!

デザイン性の高いトースターや掃除機など生活家電を中心に事業を展開する人気メーカーであるバルミューダが2021年11月に「BALUMUDA Phone」を発売します。

「BALUMUDA Phone」はソフトバンクからの販売が発表されており、2021年11月17日より予約受付を開始し、2021年11月26日に発売される予定となっていますが、競合であるドコモからも発売されるのか?気になる方も多いと思います。

当記事ではバルミューダのスマホ(BALMUDA Phone)はドコモでも発売され購入できるのか?を解説します。

バルミューダフォン(BALMUDA Phone)はドコモでは発売予定なし!

結論から言うと、バルミューダのスマホ端末「BALMUDA Phone」は携帯電話会社での販売はソフトバンクの独占となり、NTTドコモでも販売される予定は今の所ありません。

ソフトバンクが昔iPhoneを国内独占販売していた時代がありましたが、携帯キャリアの独占販売は一定期間端末の販売促進を積極的に行う代わりに、独占販売する権利を得るパターンが多いです。

そのためしばらくの間はバルミューダフォンはソフトバンクでの専売となりそうです。

ソフトバンクの店舗だけでなく、ソフトバンクオンラインショップでもBALMUDA Phoneの予約受付を開始しており、オンライン上で購入を完結できます。

ソフトバンクに他社から乗り換えで最新機種が最大21600円割引!
SoftBankオンラインショップを見る

バルミューダフォン(BALMUDA Phone)はSIMフリーでも販売される

バルミューダのスマホ端末(BALMUDA Phone)はバルミューダ公式サイト上でSIMフリー端末として販売されています。

<BALMUDA公式サイト>BALMUDA Phoneの製品情報ページ

SIMフリーモデルの価格は104,800円(税込)(2021年11月現在)となっており、Androidスマートフォンとしては比較的高価格なスマートフォンとなります。

ソフトバンク版よりも本体価格が数万円ほど安く提供されており、買い切りでの購入であればSIMフリーモデルのほうがお得です。

ソフトバンク版のメリットとしては、ソフトバンクの残価設定型購入サポートである「新トクするサポートプログラム」を利用できる点にあります。

「新トクするサポートプログラム」を利用することで、48回分割払いのうち24回の支払い免除を受けることが可能になり、分割払いでお得にスマホを購入することができます。

ソフトバンクへの乗り換えと同時にバルミューダフォンを使い始めたい場合は、ソフトバンクオンラインショップでの購入がオンライン上で完結しおすすめです。

ソフトバンクに他社から乗り換えで最新機種が最大21600円割引!
SoftBankオンラインショップを見る

バルミューダフォンをドコモに持ち込んで使うことはできる?

NTTドコモは他社で販売された端末やSIMフリー端末の持ち込みについては、動作保証は行っておりません。

そのため、万が一ドコモでバルミューダフォンを利用した際にスマホ端末で動作に問題があった場合でもサポートを受けることはできません。

基本的には利用は自己責任となっている点に注意が必要です。

サポートが心配な方はバルミューダフォン購入と同時にソフトバンクオンラインショップやソフトバンクの店舗で乗り換え(MNP)を行うことで、端末故障時などにソフトバンクの店舗等でサポートを受けることが可能になります。

ソフトバンクに他社から乗り換えで最新機種が最大21600円割引!
SoftBankオンラインショップを見る

バルミューダフォンのSIMカードスロットは?

バルミューダフォンのSIMカードスロットはnanoSIMに対応しており、1スロットとなっています。

また、バルミューダフォンはeSIM非対応となっています。

バルミューダフォンの4G/5G対応バンドは?

バルミューダフォンの対応バンドはソフトバンク販売版とSIMフリーモデルで違いはありません。

5G対応バンド

バルミューダフォンの対応5Gバンドはn3/n28/n77/n78

NTTドコモの5Gバンドはn77/n78/n79/n257 ※赤がバルミューダフォンの対応するバンド

となっています。ミリ波のn257やSub-6のn79に非対応となりますが、LTE(4G)の対応エリアが広くカバーされているため、普段使いの通信はできそうです。

LTE(4G)対応バンド

バルミューダフォンの対応LTE(4G)バンドは1/2/3/4/8/12/17/18/19/28/41/42

NTTドコモのLTE(4G)バンドは1/3/19/21/28/42 ※赤がバルミューダフォンの対応するバンド

となっており、NTTドコモのLE(4G)回線への対応バンドは充実しており、普段使いで問題になることは少ないものと思われます。

本ページの情報は2024年5月1日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

ネット回線速度をアプリポのサイト内の無料ツール「回線ポスト」で簡単に測定できます。

測定データ投稿数3447件 計測したい通信回線タイプを選択してください。

モバイル回線プランのデータ容量(GB)に関するアンケート

▼UQモバイル/ワイモバイル/ahamo/irumo/LINEMO/povoのうちどれかを契約の場合は以下から選択

【格安】契約中のプランのデータ容量(GB)と不足 or 足りているを選択

みんなの人気度を見る

Loading ... Loading ...

▼ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルのうちどれかを契約の場合は以下から選択

【キャリア】契約中のプランのデータ容量(GB)と不足 or 足りているを選択

みんなの人気度を見る

Loading ... Loading ...

アンケート結果は投票数や割合データなど、個人を一切特定できない情報のみ弊社が運営するメディア事業で活用する場合があります点をご了承ください。

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ポスト」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型データベース「回線ポスト」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.) 会社概要
法人番号 4100001034520
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
個人事業としての創業 2015年7月
事業内容 Webサイトの企画運営事業/Webサービス&アプリの開発&運営事業、Web受託発&マーケティング支援事業等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。