ahamo(アハモ)大盛りは光回線がいらない?固定回線化して使える?のサムネイル画像

ahamo(アハモ)大盛りは光回線がいらない?固定回線化して使える?

#ahamo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

ahamoの長期利用ユーザーが解説!

ahamoのSIMカードパッケージの画像
  • 私たちはahamoのサービス開始直後から継続的にahamoのサービスを利用し、他社SIM回線も複数契約した上で使い勝手を比較・テストしながらサイト運営に取り組んでいます。通信速度を計測できるサービスも開発しました。運営会社

ahamo(アハモ)大盛りは固定回線化してもいい?

ahamo大盛りは、月額4,950円(税込)で100GBのデータを利用できるプランです。

そのため、自宅利用で固定回線化して使えないか考える人も多いです。

本記事では、ahamo大盛りを光回線等の固定回線の代わりに使えるかについて解説します。内容をまとめると以下の通りです。

  • ahamo大盛りは固定回線として利用しても問題ない
  • 100GBを超えた場合は、最大1Mbpsの速度制限がかかる
  • 普段利用する端末を固定回線代わりにすれば、光回線やホームルーターに比べて月額料金を大幅に削減できる
  • テザリングを利用する場合は消費電力が大きくなる
  • 端末を多く接続する場合は通信速度の減少に注意
  • SIMフリーホームルーターにahamo大盛りのSIMを挿すより固定回線を導入した方が費用対効果が高い場合がある

ahamoを新規契約や乗換ならセットスマホが最大44,000円割引キャンペーン!
ahamo
公式サイトを見る>
※月額料金の記載は機種代金別途。ahamoセットスマホ購入でのpt還元額や対象条件はスマホの機種ごとに異なります。

ahamo大盛りは固定回線代わりに使うことも可能

結論、ahamoを固定回線化して使っても問題ありません。

ahamo大盛りの100GBのデータ容量が余ってしまう場合、残りを固定回線用のデータ容量として利用するのも1つの手です。

また、ahamo大盛りは他のキャリアの無制限プランと比べても安いです。

  • ahamo大盛り:4,950円(税込)
  • ドコモ:7,315円(税込)
  • au:7,238円(税込)
  • ソフトバンク:7,238円(税込)

そのため、通信費の大幅な節約にもつながるでしょう。

ただし、通信速度や安定性、通信のレスポンスは光回線と比較するとやや劣る傾向にあり、オンラインゲームなど高速な常時通信やゲームプレイ時のタイムラグの少なさがシビアに求められる用途には適していない場合があります。

次の章から、ahamo大盛りを使えば光回線がいらなくなるのかどうかについて詳しく解説していきます。

ahamoを新規契約や乗換ならセットスマホが最大44,000円割引キャンペーン!
ahamo
公式サイトを見る>
※月額料金の記載は機種代金別途。ahamoセットスマホ購入でのpt還元額や対象条件はスマホの機種ごとに異なります。

ahamo大盛り固定回線化のメリットデメリット

まず、ahamo大盛りを自分のスマホで固定回線化するメリットとデメリットについて解説します。

メリット

メリットは以下の通りです。

  • 光回線やホームルーターのように月額料金がかからない
  • 工事代金や端末代金もかからない
  • モバイルルーターとしても使える

メリット1.光回線やWi-Fiルーターのように月額料金がかからない

ahamo大盛りを固定回線で使う場合、本来固定回線を導入するのにかかる月額料金や工事費用、端末代金等がかかりません。

光回線やホームルーターを導入するとなると、最低でも月額5,000円程度はかかるので、それを削減できるのはメリットが大きいでしょう。

ただし、もともとahamoで20GB未満2,970円(税込)を利用していた場合、大盛りオプションに加入すると月額1,980円(税込)かかります。

それでも、約2,000円で固定回線の代わりになると考えると嬉しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

メリット2.工事代金や端末代金もかからない

ahamo大盛りを光回線の代わりに固定回線化すると、工事をする必要がないので、工事代金の節約にもなります。

また、自宅に穴を開けたくない方や、光回線の工事ができなかった場合もドコモ回線エリアなら固定回線代わりに利用が可能です。

同じ対処法としてホームルーターの導入もありますが、工事代金の代わりに端末代金がかかるため、コストは同じくらいかかります。

ahamo大盛りの固定回線化は、月額料金以外のコストを抑えたい人にもおすすめです。

メリット3.モバイルルーターとしても使える

光回線やホームルーターとは違い、ahamo大盛りは自分のスマホが固定回線代わりになるので、持ち運びも自由です。

また、固定回線として使う前提であれば、外出先での利用を我慢してスマホの月額料金を抑える必要もなくなります。

ahamoを新規契約や乗換ならセットスマホが最大44,000円割引キャンペーン!
ahamo
公式サイトを見る>
※月額料金の記載は機種代金別途。ahamoセットスマホ購入でのpt還元額や対象条件はスマホの機種ごとに異なります。

デメリットは通信速度や端末への影響

一方、デメリットは以下の通りです。

  • 光回線やホームルーターに比べて通信速度が遅い
  • 端末の電力消費が多くなる

デメリット1.光回線に比べて通信速度が遅い

スマホの端末はそもそもテザリングをするためだけに作られたわけではなく、有線でもありません。

そのため、光回線の速度よりも遅くなってしまう可能性が高いです。

通信速度が遅いと、テレビを無線で繋いでの動画コンテンツ視聴や、オンラインゲームなどで利用する場合、スムーズな通信ができないこともあります。

デメリット2.端末の電力消費が多くなる

スマートフォンでテザリングをして固定回線化すると、端末の電力消費も速くなります。

なぜなら、複数の端末の通信を一気に担うことになり、処理が多く発生するからです。

無線通信は基本的に電力を消費するので、接続した端末で通信した分の消費量を1つの端末で賄うことになります。

テザリングをする場合は、あらかじめ充電の準備を行っておきましょう。

ahamoを新規契約や乗換ならセットスマホが最大44,000円割引キャンペーン!
ahamo
公式サイトを見る>
※月額料金の記載は機種代金別途。ahamoセットスマホ購入でのpt還元額や対象条件はスマホの機種ごとに異なります。

SIMフリーのモバイルルーターやホームルーターも使える

スマホのテザリングで固定回線化することに抵抗がある場合は、SIMフリールーターを活用することも可能です。

ただし、ahamo大盛りの月額料金4,950円(税込)でSIMフリールーターを導入するよりは、他のホームルーターを導入した方がいいかもしれません。

例えば、ドコモ home 5Gは同じ月額4,950円(税込)で、最高通信速度も以下のように速いです。

  • ドコモ home 5G
    • 4G最大受信速度:1.7Gbps
    • 4G最大送信速度:131.3Mbps
    • 5G最大受信速度:4.2Gbps
    • 5G最大送信速度:218Mbps

※電波や設置場所の影響があるためこの速度が出ることはほとんどありません

また、光回線の導入もほとんど変わらない値段で可能なので、新たに機器を購入してahamo大盛りで固定回線化するのはあまりおすすめできません。

ドコモ home 5Gのおすすめ契約窓口
dポイント15,000pt還元
ドコモ公式からhome 5Gを申し込む>

ahamo大盛りを固定回線化しても大丈夫?状況別に解説

次に、ahamoを固定回線化しても大丈夫かどうかを以下の状況別に解説します。

  • 一人暮らしの場合
  • ファミリーの場合

一人暮らしの場合はスマホを固定回線代わりに使用で問題ない

一人暮らしの場合、自身のahamo端末を固定回線代わりに使うと料金を大幅に削減できます。

テザリングを利用して、さまざまな端末に接続して利用しましょう。

普段使いのノートパソコンでのWeb閲覧や小さい容量のダウンロード等であれば問題なく行える可能性が高いです。

ただし、オンラインゲーム等をする場合は、光回線など高速の通信で繋いだ方が安定するでしょう。

ファミリーの場合は光回線やホームルーターを導入するべき

一方、ファミリーでのahamo大盛り端末での固定回線化はあまりおすすめできません。

なぜなら、テザリングする端末の負担が重くなり、電力消費が激しくなってしまうからです。

また、複数端末に接続すると、その分通信速度は遅くなってしまいます。

そのうえ、ahamo大盛りの月額料金はその他の光回線やホームルーターの月額料金に近くもあります。

家族で利用する場合は、ドコモ光やahamo光等の光回線やドコモhome5G等のホームルーターの導入をおすすめします。

ahamoを新規契約や乗換ならセットスマホが最大44,000円割引キャンペーン!
ahamo
公式サイトを見る>
※月額料金の記載は機種代金別途。ahamoセットスマホ購入でのpt還元額や対象条件はスマホの機種ごとに異なります。

ahamo大盛りは自身の端末を固定回線化するとお得

ahamo大盛りを使うと光回線はいらないのか、固定回線化して使えるのかどうか解説しました。

結論、自分の端末をahamo大盛りにして、固定回線としても利用するとお得に使えます。

ですが、新たにSIMフリールーターを買ってahamo大盛りで使うよりは、光回線やドコモ home 5G等を利用した方がいいでしょう。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

ahamoを新規契約や乗換ならセットスマホが最大44,000円割引キャンペーン!
ahamo
公式サイトを見る>
※月額料金の記載は機種代金別途。ahamoセットスマホ購入でのpt還元額や対象条件はスマホの機種ごとに異なります。

本ページの情報は2023年7月9日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoのロゴ

ahamoのスペックと料金は?
使用回線✔:ドコモ回線の4G/5Gが同一エリアで利用できる
提供会社✔:ドコモが直接提供
プラン料金✔:月間20GBの基本プランで月額2,970円(税込)機種代金別途
店舗サポート✔:有料で対応
セットスマホ✔:最新のiPhoneやAndroid機種から選べる
回線速度実測値:246件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】47Mbps
【Ping】43ms
【Jitter】24ms

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

新規/乗換時セット端末購入で最大44,000pt還元!
ahamo公式サイト>