ahamo(アハモ)からの乗り換えにおすすめなプランは?のサムネイル画像

ahamo(アハモ)からの乗り換えにおすすめなプランは?

#携帯キャリア&格安SIM

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

サイト・運営者情報

  • 「アプリポ」はスマホアプリやSIM回線&機種)に関する疑問に答えるサイトです。私たちは常時複数の格安SIM回線を実際に契約し、通信速度を計測できるサービスの開発など、専門的視点と消費者目線を両立した体制で運営しています。運営会社

ahamo(アハモ)からの乗り換えはどのプランがおすすめ?

「20GBも使わない」「電話回線を使った通話はほとんどしなくなった」など、使用環境が変わりahamoのから乗り換えを検討しているけれど自分に合ったプランを探すのは選択肢が多く大変ですよね。

通信品質を重視するならLINEMOやpovoがおすすめですが、データ容量と料金の安さも重要なポイントです。

今回の記事ではahamoからの乗り換えにおすすめなプランをご紹介しています。

他社に乗り換える方法もありますが、ahamoを使ったまま他社のSIMをプラスする「デュアルSIM」も注目です。

ahamo(アハモ)から乗り換えたほうが良い人

次のような人はahamoのプランに適していないので、使用環境に合った通信事業者を検討したほうが良いでしょう。

必要なデータ容量が20GB以下

ahamoのプランは20GBプランのみで、3GB、10GBの容量の小さいプランはありません。

余ったデータ容量はくり越しやシェアできず翌月にはリセットされてしまうため、ムダになってしまいます。

20GBを使い切れていない人は、必要なデータ容量のプランに乗り換えましょう。

毎月の使用データ量が3GB以下なら、ソフトバンクのLINEMOのミニプランが月額990円(税込)と低価格でおすすめです。

5分以内の通話はほとんどしない

ahamoのプランは基本料金に5分以内の国内通話使い放題が含まれています。

他社では550円程度の有料オプションなので短い通話の多い人にはお得なプランですが、通話をしない人はもっと料金の安い事業者を探したほうがスマホ代を節約できます。

ドコモのサービスは使わない

ahamoユーザーはdポイントがたまりやすく、利用料金1,000円(税抜)につき10ポイントが付与されます。

その他dカードを持っていれば毎月1GB(dカードゴールドなら5GB)がもらえたり、dカード ポイントモールのポイント付与率があがったりとドコモサービスに対するメリットがありますが、他のポイントサービスを使っている人にはあまりメリットはありません。

3GBプランならLINEMO

毎月の使用データ量が3GB以下なら、ソフトバンクグループのLINEMOがおすすめです。

格安SIMと同等の基本料金とソフトバンクの高品質な通信環境で、新規、乗り換え共に加入者が増えており、PayPayに紐づいた特典も多いためPayPayユーザーからも支持されています。

LINEサービスで使用したデータ消費量はカウントされない「LINEギガフリー」を活用すれば、1ヵ月3GBで十分に過ごせるでしょう。

  • 基本料金:3GB 990円(税込)
  • LINEギガフリー:LINEトーク、ビデオ通話など、主要LINEサービスのデータ使用量は消費データ量にカウントされず使い放題
  • 通話オプション:5分以内かけ放題/550円(税込) 完全かけ放題/1,650円(税込)

1GB以下ならドコモのエコノミーMVNO

今注目の格安SIM「ドコモのエコノミーMVNO」はデータ使用量が少なくとにかくスマホ代を安くしたいという人におすすめです。

ドコモ回線のMVNO(格安SIM)はいくつもありますが、中でもLIMBOは990円(税込)で0.5GB+5分かけ放題がついてきてお得に利用できます。

MVNO回線なのでahamoやLINEMO、povoのようなキャリア回線よりは通信品質は落ちるものの、格安SIMの中では安定した通信速度を保っています。

20GBプランなら楽天モバイル

ahamoと同等の20GBプランで比較すると楽天モバイルが最も安くRakuten Linkを使えば国内通話はかけ放題なので、ahamoの5分以内通話無料分を考えても楽天モバイルが最安値です。

20GBは必要だけど「さらに安くしたい」という人は、キャリア回線のLINEMOやpovo、楽天モバイルがおすすめです。

  • ahamo:2,970円(税込)/5分以内国内通話かけ放題 無料
  • povo:2,700円(税込)/5分以内国内通話かけ放題 550円(税込)
  • LINEMO:2,728円(税込)/5分以内国内通話かけ放題 550円(税込)
  • 楽天モバイル:2,178(税込)/国内通話かけ放題 無料

余ったデータ量は4社ともくり越しできないので、使用量にバラつきがある人はpovoやくり越しサービスのある格安SIMがおすすめです。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

20GB以上必要な人は乗り換えかデュアルSIM

ahamoには20GBプランの他にプラス80GBの大盛りオプション「ahamo大盛り」があります。

合計100GBで4,950円(税込)ですが、100GBでは多すぎるという人もいるでしょう。

20GB以上100GB未満が必要な人は、必要なデータ容量プランがある他社に乗り換えるか、サブ回線を契約し「デュアルSIM」にする方法など複数の選択肢がります。

20GB以上100GB未満プラン

20GB以上のプランを提供している通信事業者は少なく、大手キャリアの無制限プラン以外になると以下の5社が代表的です。

イオンモバイルは10GB単位のプラン設定があり、くり越しもできるのでムダなく使えます。

ahamo+サブ回線のデュアルSIM

最近注目を集めている「デュアルSIM」は、1つの端末に複数のSIMカードを設定し用途に合わせて使い分ける方法です。

1つの端末に2つのSIMをさせる「デュアルSIM端末」はあまり販売されていないため、「物理SIM+eSIM」の組み合わせで2種類の回線を設定する方法が増えています。

eSIMを提供している通信事業者や対応している端末はまだ多くありませんが、iPhone XS以降や最新のAndroid端末には搭載されています。

ahamoをメイン回線として使いeSIMでドコモ以外の回線を設定すれば、一方に通信障害が起きた時にもう一方でカバーできるので、サブ回線として準備しておくのも良いでしょう。

また足りないデータ量を補うことが目的なら、音声SIMではなくデータ専用SIMにする方法もあります。

データSIMは音声SIMよりも基本料金が安い場合があるので、上手く組み合わせると理想の通信環境が作れます。

おすすめeSIM 4選

  • (ソフトバンク回線/音声SIM)
  • (au回線/音声SIM)
  • 楽天モバイル(楽天/音声SIM)
  • IIJmio(ドコモ回線/データ専用SIM)

データ使用量にバラつきがあるならpovo

毎月のデータ量にバラつきがある人は、データ量をトッピングできるpovoがおすすめです。

「月額〇円」「〇GB/月」のように月単位でなく必要なタイミングで必要な量を追加購入します。

基本料金は0円で180日以内にトッピングを購入すればいいので、自由にコントロールできるプランです。

回線はauのキャリア回線なので、ahamoから乗り換えても通信品質に差を感じることはないでしょう。

  • 1GB:390円(税込)/7日間
  • 3GB:990円(税込)/30日間
  • 20GB:2,700円(税込)/30日間
  • 60GB:6,490円(税込)/90日間
  • 150GB:12,980円(税込)/180日間
  • データ使い放題:330円(税込)/24時間

データ量が必要になった時点で追加購入すれば良いので、効率的でムダがありません。

ただし有効期限内に使い切ることが必要なので、大容量のトッピングの方が1GB当たりの料金は安くなりますが、必要に応じた量を購入しましょう。

乗り換え+端末購入

乗り換えと同時に端末も購入したい人は、端末セットのある通信事業者を選びましょう。

キャッシュバックをねらうならLINEMO

LINEMOは2023年9月15日~2023年10月2日終了予定で「LINEMO 秋の大感謝祭」を実施中です。

他社からLINEMOのスマホプランに乗り換えた方全員に、16,000円相当のPayPayポイントがプレゼントされます。

さらに、LINEMOでは2回線目以降の追加申し込みで3,000円相当のPayPayポイントがプレゼントされるキャンペーンも実施されており、子供用に回線追加を考えている方にもおすすめです。

  • ミニプラン:990円(税込)
  • スマホプラン:2,728円(税込)

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

iPhoneのリユース品がねらい目のUQモバイル

UQモバイルではau認定リユース品がお買い得です。

いわゆる「中古品」ですが専門御者の品質検査をクリアした製品で不具合があった場合は購入日より30日間は無償で交換してくれます。

乗り換えかつ一括購入で5,000円前後の機種もあるので、定期的にオンラインストアを覗いてみると目玉商品に出会えるかもしれません。

低速通信の「節約モード」に設定すればデータ消費量はカウントされないので、テキストのみのサイトやSNSを利用する時は、モードを切り替えれば毎月の基本データ量以上に使えます。

他社からSIMのみで乗換で最大10,000円相当のポイント還元キャンペーン中!UQモバイル
公式オンラインショップ>
※SIMのみの契約+増量オプションII加入で適用。

ahamoから乗り換えは他社orデュアルSIM

ahamoのプランが合わなくなってきた時は、他社へ乗り換える方法もありますがahamoをメイン回線にして他社をサブ回線契約する方法もあります。

キャリア回線にこだわる人は、LINEMOやpovoのどちらかがおすすめです。料金の安さを重視するなら楽天モバイルが有力候補になるでしょう。

まずは直近3ヵ月のデータ使用量や通話時間を確認し、現在の使用状況を明確にしてから自分に必要なプランを探しましょう。

この記事の情報更新履歴:

2023年9月19日:おすすめのドコモのエコノミーMVNOをOCNモバイルからLIMBOに更新、UQモバイルの料金プランを更新、LINEMOの開催キャンペーン内容を更新

本ページの情報は2023年9月19日時点の情報です。最新の情報については必ず各サービスの公式サイトご確認ください。

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

私たち「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有
問い合わせ先 お問い合わせフォーム
メール連絡先:contact@7-henge.co.jp
電話連絡先:070-8490-6724
※営業のお電話はお断りします。お問い合わせフォームよりご連絡ください。質問内容によっては回答できかねる場合もございます。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

新規/乗換時セット端末購入で最大44,000pt還元!
ahamo公式サイト>